日本橋の寿司屋での修業を経てカナダへ移住!技術さえあれば男女は関係ない

第11期寿司シェフコース(現 寿司職人養成インターンシップコース)を卒業した中瀬さん。まんてん鮨日本橋店でのカウンター寿司職人として2年間の修行を経て、カナダはトロントにある「匠心」にて新たな挑戦が始まる。技術さえあれば男女は関係ない、対等に戦えます。

記事を見る


ご入学おめでとうございます!週末特訓コース開講

2018年4月にて江戸前寿司週末特訓コース(日曜クラス)が開講、17名の新入生をお迎えすることができました!  ◇◇◇ Pick Up こんな方が受講されいいます! ◇◇◇ ・現役ベテランシェフ・男性、将来は親族が経営している米国の和食店に! ・大手運輸会社勤務・女性、将来はオーストラリアでお寿司を広めたい! ・大手金融機関勤務・女性、ダブスクールで調理師学校卒業、寿司の技術を身にけたい! ・遊戯系会社経営・男性、寿司・和食に将来性に投資対象として魅力を感じる! ・現役大学4年生・男性、老舗寿司屋の跡継ぎ、バイトでためた自己資金で受講!

記事を見る

祖父の寿司屋を継ぐためにサラリーマン辞めて受講!卒業後は14万人のイベントで握る

江戸前寿司 集中特訓コース卒業の八木さん。大学卒業後は2年間東京でサラリーマンとして過ごすも、地元新潟で祖父が開業した寿司屋の3代目として家業を継ぐべく東京すしアカデミーに入学。寿司に関しては全くの素人からの挑戦となる。卒業後は14万人来場のイベントで寿司を握った。

記事を見る





第2の人生は寿司を握れるフランス語の先生 定年後の人生を楽しみたい

今から店を持って頑張ろうとか、休みも惜しんで働きたいという気持ちはありません。と、話すのは週末コース卒業生の池ヶ谷さん(64)高校の教諭を務め上げ、定年後、地元の外国語学校でフランス語を教える傍らで、日本を紹介できる知識・技術の習得を目指し当校を受講しました。

記事を見る

35歳迄に独立を有言実行!飲食ベンチャーでの経験を活かす志賀さん

江戸前寿司集中特訓コース卒業の志賀さん。35歳迄に独立という決意をもってアカデミーに入学した。大手焼き鳥系居酒屋を経て、上司が起業した飲食ベンチャーに参画するなど、飲食業界で経験を積んだ。「独立はこれまで育んできたご縁の賜物。本当にありがたい。」と語る。

記事を見る

無料カウンセリング

あなたは寿司の技術を何に活かしますか?その最終目標までの最短ルートをカウンセラーがお一人おひとりの状況に合わせてアドバイスいたします。

寿司職人の給料はどのくらい見込めるのか?若く無いですけど大丈夫ですか?包丁も握ったこと無いのですが大丈夫ですか?ご安心下さい

情報収集のつもりでお気軽にお越しください。遠方の方はお電話でのご案内も可能です。

関連記事

新着記事

カンブリア宮殿に出演

人気記事ランキング

カテゴリー