学費・募集要項

学費にはレッスンで使う食材、白衣、教材が含まれます。レッスンで必要な和包丁は必要に応じて別途ご購入頂くことができます。最大60回払いのアカデミーローンのご利用が可能です。入学には18歳以上で日本語が問題なく理解できることが条件となります。

江戸前寿司集中特訓コース

2ヵ月で寿司職人を目指す人気コース
入学金:150,000円(税抜)
学費 :600,000円(税抜)

▼授業時間:2ヵ月│360時間以上

職人養成インターンコース

技術+知識に加え実店舗にて現場体験
入学金:150,000円(税抜)
学費 :1,500,000円(税抜)

▼授業時間:8ヵ月│1,000時間

インターン実習は有給のため、最大で約65万円の給与がもらえます。実質負担額は入学金+学費で100万円(税抜)程度となります。

江戸前寿司週末特訓コース

仕事を続けながら寿司職人を目指す
入学金:150,000円(税抜)
学費 :600,000円(税抜)

▼授業時間:11ヶ月

学費ローン

アカデミーローンなら最大60回払いまで設定可能。ご自身のペースでお支払いが可能です。

ローンシミュレーション

▼集中・週末コース:全額75万円(税抜)
24回分割:月々36,000円
60回分割:月々16,500円

▼インターンコース:全額165万円(税抜)
36回分割:月々56,000円
60回分割:月々36,000円

大手ローン会社と提携した安心のローン制度

当校では、株式会社オリエントコーポレーション、株式会社セディナ、株式会社ジャックスと提携しております。これは、入学金・授業料などの納付金を提携先ローン会社が立て替え、その後利用者様が分割払いでご納付いただく制度です。

ローン利用の流れ

1.個別相談会へ参加して願書を提出
受講コースを決め、ローン利用についてカウンセラーから説明を受けた後に願書を提出していただきます。
2.申請手続き
事務局からアカデミーローンの申請手続に関するご案内をします。手続方法に沿って、各自ローン会社に申請をして頂きます。
3.ローン会社の審査
ローン会社の審査が終了すると、ローン会社から東京すしアカデミーに受講料が振り込まれます。事務局からローン支払完了と、受講のスケジュールについてご連絡いたします。
4.お支払い開始
通常はローン実施の翌月からローン会社との契約条件に基づき、分割のお支払が開始されます。

個別の入学相談会にいらっしゃいませんか?

教室をご案内しながら、カウンセラーがお一人おひとりの状況に合わせたアドバイスをいたします。

寿司職人の給料はどのくらい見込めるのか?40代ですけど大丈夫ですか?包丁も握ったこと無いのですが大丈夫ですか?ご安心下さい

情報収集のつもりでお気軽にお越しください。遠方の方はお電話でのご案内も可能です。

すしアカデミーの感想

すしアカデミーどうでした?

寿司を学ぶ理由が切れ者すぎる!ブラジルで活躍する農業コンサルタント:村上清高さん(32)

集中特訓コース143期卒業の村上清高さん(32)。ブラジルを中心に農業のコンサルタントとして活躍する村上さんはお寿司の技術を『人と仲良くなるために』使いたいとアカデミー受講を決める。「ビジネスの話だけじゃダメ。寿司を握れることで自分のキャラクターを演出したい。」と語る。

同期の卒業式から一ヶ月 ひとりきりの卒業式で照れくさそうに感謝を伝える:石垣さん(26)

同期の受講生達から遅れること1ヶ月。石垣さんのための卒業式が19年1月31日に執り行われました。石垣さんは受講期間中に体調不良により一時休学。直営店の『新宿 誠』でインターン研修の延長戦を行い、この度晴れて卒業となりました。

夢はカナダで独立!和牛ディーラー×レストラン経営×農業の三足のわらじ履きたい:馬塲貴大さん(24)

インターンコース18期卒業の馬場貴大さん(24)。農業専門学校を経て、畜産業界で5年務めた後にすしアカデミーを受講する。「3年後にカナダで永住権を取得して、農業と和牛のディーラーと日本食レストランのオーナーをやりたい。」と語る。

インターン先の高級ホテルへ就職!夢は独立してミシュランの三ツ星を取ること:矢野貴久さん(24)

インターンコース18期卒業の矢野貴久さん(24)。寿司職人のご親戚の影響で寿司職人を志す。夢は大きくミシュランで三ツ星を取ること。「国内の高級店で修業して経験を積んだら世界を見てみたい。先生がきっかけをくれたことで視野が広がった。」と語る。

教育ノウハウ学ぶため受講!スーパーの人事部所属の町田さん(40)テストのプレッシャーで上達

集中特訓コース143期卒業の町田耕一さん(40)。スーパーマーケットの人事教育部に所属しており、鮮魚部門の強化や、教育ノウハウを学ぶ事を目的として、会社からの指令ですしアカデミーを受講する。テストのプレッシャーがあるから上達できたと語る。

夫婦でスイス移住が夢!ベテランフレンチシェフが寿司職人になる理由:西川さん(39)

集中特訓コース卒業の西川さん(39)。20年間洋食の世界で経験を積む。前職では銀座の二つ星レストラン「エスキス」でフレンチを手がける。海外へ挑戦するためにすしアカデミーを受講。「妻と二人でスイスへ行きたい。料理に専念できる環境を求めている」と語る。

飾り巻きに魅了された惣菜屋の3代目!人がやらないことを武器にする:吉永さん(34)

集中特訓コース卒業の吉永さん(34)。華やかな飾り巻きの技を習得したくてアカデミーを受講。熊本のご実家はおばあさまの代が起ち上げた惣菜屋さん。「人と変わったことがしたかった。卒業後は地元天草の魚を使った寿司や、飾り巻きを披露したい。」と語る。

自分が通いたくなる店を持つのが夢!女性寿司職人スーパーの管理職を経て見つけた天職

インターンコース卒業の進藤さん。スーパーの惣菜部門、和食屋勤務を経てアカデミーを受講。「研修でお客さんにお寿司を食べてもらって美味しいねって褒められたときにやりがいを感じてこれしか無いなって思いました。」と語る。卒業後はアカデミー直営店の店長候補として就職が決まっている。

経営しているイタリアンで創作寿司を披露したい。元自動車デザイナー矢部さん

江戸前寿司集中特訓コース第141期卒業生の矢部さんは現在60代。中国で経営されているイタリアンレストランで創作寿司をメニューに加えたいと語ります。30代の平田さんは海外移住を目指してアカデミーを受講する。

▼動画資料
▼東京すしアカデミー新宿本校
東京都新宿区西新宿8−2−5 新宿ウエストビル
営業時間│9:00〜18:00 日曜定休
繋がりにくい場合は 03-3362-1755