選ばれる理由1.『世界で通じる修了証』が得られる4コース

日本初の江戸前寿司に特化した学校として開校以来16年。世界で認められるブランドへ。

(1)1,000時間の圧倒的実習量で寿司職人養成!
受講者のニーズに応じて江戸前寿司に特化した選べる3つのコース

生徒8名に対して講師1名を配備
親身で具体的な個別指導が好評!
圧倒的な実施量で8週間でこんなにも上達!

グループ調理ではなく、『1匹を最後まで自分一人で捌く』ことを繰返すことで、魚を捌く基礎力が確実に身につきます。経験する魚種は20種類~30種類(コースによって異なります)。魚の下処理から握りまで寿司屋の修行では3年~5年以上は必要な経験値を『学校ならではの具体的な指導』と『江戸前寿司に特化した学校ならではの圧倒的な実習量』で短期(最短2ヵ月)で習得します。ニーズに応じて選べる3つのクラス:

寿司職人養成インターンシップコース:前半4ヵ月の教室実習、そして後半4ヵ月の実店舗有給インターン体験を合わせて圧巻の1,000時間。
在学中に2店舗を経験することでノーリスクで寿司職人としての具体的な将来目標を見定めることができます。

江戸前寿司集中特訓コース:東京すしアカデミー16年のカリキュラムの結晶。具体的なやり方や数値を示し、職人が3~5年程かけて身に着ける江戸前寿司の技法や知識を2ヵ月で習得、寿司職人の登竜門に導きます(24時間いつでもどこでも利用できるWeb映像コンテンツ付)。

江戸前寿司週末特訓コース:仕事を続けながら、約11ヵ月かけ週末に江戸前寿司集中特訓コースの内容を習得します。プロの寿司職人までは目指さず、人生をより豊かに生きるための技能習得のためこのコースを選択される方もいらっしゃいます。

(2)英語で寿司・和食を学ぶ!
外国人シェフと一緒に寿司・和食を学べるコース

盛込み 海外で活躍するためには刺身スキルは必須!

寿司・和食の技術を学びたい現役の外国人シェフ等と一緒に、江戸前寿司や和食に関する技能を英語で学ぶクラスです。海外で就職する方にはオプションの「刺身コース」がおすすめです。

◆コースについてよくあるご質問

Q.まったく包丁を触ったことがなくても授業についていけますか?
A.大丈夫です。受講生の8割以上の方が未経験から始めて、卒業時には寿司店に就職できるレベルに成長します。まず頭で理解し次に体が習得するまで反復練習する授業によって、年齢に関係なく技術を身に着けることができるのです。

Q.寿司職人として必要な和食についてはどのくらい学べますか?
A.出汁の取り方や、刺身、天ぷら、酢の物など和食の基本はどのコースのカリキュラムにも入っています。卒業後、さらに高度な調理技術を学びたい方には海外のプロの料理人も学びに来る「テーマ別の5日間集中コース(築地校開催)」等も用意されています。

Q.調理師専門学校と比べて違いは何ですか?
A.実習の質と量が圧倒的に違います!
座学(講義)とグループ調理が中心の調理師専門学校に対し、東京すしアカデミーでは「1匹を最後まで自分一人でさばく」ことの繰り返しによって、魚を捌く基礎力が確実に身につきます。
整理が必要なのは、調理師免許についてです。卒業時に調理師免許が取得できるのは調理師専門学校(及び一部の大学の専門課程)だけです。そのために、カリキュラムには非常に多くの座学が組み込まれています。調理師免許については、本当に必要となるのはどのような場面かを考えてみるとよいでしょう。おそらくそれは、海外でビザや永住権を申請するときです。海外就職に向けた一連の準備作業の中に組み込んで取得するのが合理的です。

選ばれる理由その2.寿司職人としての実践の場を提供

多くの寿司職人を輩出する直営店、そして就業前のインターン研修ではノーリスクで将来を検討。

(1)直営店で運営ノウハウ伝授
 ここで修業して国内外に巣立っていきます!

寿司職人インターンシップコースでは在学中のインターンの場、卒業後の実践の場として、江戸前寿司集中特訓コース週末特訓コースでは卒業後の実践の場として、2つのタイプの直営店で経験を積むことができます。ひとつは1日に握る寿司は1,400カン以上、江戸前寿司の食べ放題で不動の人気『神楽坂すしアカデミー』、そしてもうひとつは外国人のお客様もたくさん訪れるおまかせ握りとカウンター接客中心の『誠寿司』。

このタイプの違う2店舗で鍛えられ、寿司職人としての技量や店舗運営のノウハウを会得した卒業生たちが国内外に巣立っています。 

(注)卒業後に直営店での勤務を希望する方は、入学前の個別相談や在学中の進路相談などでご相談ください。直営店舗での在籍スタッフの状況などにより面接や試用期間を設定して採用決定されます。

<東京すしアカデミーが運営する2つの直営店>

直営店からステップアップしていった卒業生たちは国内はもとより、世界50ヵ国以上で活躍中!

(2)在学中のインターンシップ
就業前に実店舗を経験し将来の目標を定める!

インターンシップ制度は、卒業前の4ヵ月間で2ヵ月づつタイプの異なる2店舗での実体験(有給)を得ることで将来どのような寿司職人を目指すのかを検討する機会です。

寿司職人としての多種多様な在り方を見聞し実体験できる多彩なインターン先事例!

◆インターン制度についてよくある質問

Q.寿司職人インターンシップコースのインターン先はどのような職場がありますか?
A.東京すしアカデミーのインターンシップ制度は、多数の専門店の協力の下で運営されています。ミシュラン★付きの店、ホテルの中の高級店、大衆的な店(カジュアルな業態)など、店舗規模や提供価格帯の違うさまざまな店で研修する中で、寿司業界の「今」と「将来」についてしっかり考えることができます。
例:「海味」「かねさか(パレスホテル店)」「鮨源(帝国ホテル店)」「美登利寿司」「神楽坂すしアカデミー(直営店)」

Q.インターンは有給とききましたが、どのくらいの収入が得られますか?
A.配属される店舗によって若干の差はありますが、1ヵ月あたりおよそ15万円、4ヵ月で60万円程度の収入が得られます。

Q.卒業後に東京すしアカデミー直営店での勤務は可能ですか?
A.はい、可能です。まずは、食べ放題の人気店「神楽坂すしアカデミー」で握りのスピードアップをはかりましょう。西新宿エリアの高級ホテルから外国人客が訪れる「誠寿司」では英語の接客も学べます。東京すしアカデミー系列店舗である「広州誠寿司」(中国/広州)「天香」(シンガポール/シンガポール)「UKIUKI」(ポーランド/ ワルシャワ)にも就職のチャンスが開けています。

選ばれる理由3.「就職・開業」実績と卒業生ネットワーク

国内外で活躍する卒業生の実績は業界随一。TSA卒業生ネットワークで常に業界動向を共有。

(1)海外就職に強い寿司職人 
豊富な実績からフィードバックされる求人情報!

海外の日本食レストラン数は2017年現在で約118,000件。東京すしアカデミー開校時の2002年は約25,000件なので、15年で約4.7倍の成長。

<参考>海外における日本食レストラン数(農林水産省) 

2020年の東京オリンピックを控え、今後ますます海外での日本食ブームが進み、特に寿司職人への需要が高まることが予想されます。

2002年の開校以来、3,500名以上(2017年12月現在)、近年は毎年約300名の卒業生を輩出。卒業生たちは、日本国内はもとより、世界50ヵ国以上で活躍しており、Facebookコミュニティには世界各地から情報が届きます。今後卒業生のネットワークをより役立てて頂くための同窓会運営を計画中です(2018年5月実施予定)。

(2) 国内外の開業成功事例急増
寿司職人の修業歴ナシの事例も

<<国内開業事例>>

既にヤキトン系の居酒屋2店舗を経営していた斉藤さんは、寿司+焼き鳥の新店舗開業を目指し 2ヵ月の集中特訓コースを受講、3店舗目「スシスミビ」を開店!

<<海外開業事例>>

当校を卒業後、ポーランドで寿司のケータリングビジネスを開業した松木さんは、うどん系レストランへと転身。ポーランドでも有数のお店へと育て上げた!

◆就職・開業についてよくある質問

Q.国内の寿司店で修業を希望する場合は卒業後でも紹介してもらえますか?
A.はい、もちろんご紹介いたします。卒業生の皆さんとは、一生のおつきあいがしたいと思っています。転職や再就職についてのご相談もお気軽にご連絡ください。

Q.英語圏で海外就職するために必要なコミュニケーションスキルはどの程度が必要ですか?
A.必要なのは「英語力」ではなく「コミュニケーション力」です。
TOEICや英検のスコアが高いより、積極的に話そうという気持ちやプロとして仕事を覚えていくという積極性のほうがキッチンでは高く評価されるのです。とはいえ、ビザや永住権の申請には、語学スコアの提出が必須の場合もありますので、目指す地域の情報をしっかり集めて準備していきましょう。

Q.未経験で2ヶ月間の集中特訓コースでも就職できるか不安です。
A.もちろん大丈夫です。多くの先輩が2か月間の集中特訓コースで基礎力を身に着け、国内外の有名すし店に就職を決めています。お店の採用担当者からは寿司の実力以上に礼儀、挨拶、時間厳守など、社会人としてのマナーが守れるかを重要視しますという意見が寄せられています。清潔感や明るい笑顔も大切ですね。
(営業時間/9:00〜18:00 土/祝日含む、日曜定休)
※繋がりにくい場合は 03-3362-1755
(営業時間/9:00〜17:30 月〜金)

この内容で送信します。よろしいですか?