国内開業

卒業生の活躍

目黒のさんま祭りに卒業生10名以上が集結!さんま鮨1000食完売の大盛況博す

東京すしアカデミーは同期生との横のつながりも大きな財産になります。9月8日。目黒では毎年恒例の「目黒のさんま祭り」にアカデミーの卒業生・在校生10名以上が集結。さんま鮨を販売し1000食が完売。祭客は舌鼓を打ちました。

完璧は求めない。1人経営の小さな鮨屋が成功した内訳と失敗した常連客との契約

100万円をクラウドファンディングで集めて若干26歳で「鮨しん」を開業した信田さんはこの春、自身が経営する店を閉店しました。未だに予約の電話がかかるほどの人気店が経営不振ではないのに閉店する理由とは?貴重な失敗談。全ての寿司業界を志す方に読んでもらいたい記事です。

75歳でも現役職人!60歳で始めた修行から都内で寿司屋を営む:河野 透さん

2007年に東京すしアカデミーを卒業した河野 透さん。定年退職後にアカデミーや、店舗の見習い職人として経験を積み、2011年に念願の開業を果たします。出張と貸切の隠れ家寿司屋「鮨かわの」は調布市西つつじヶ丘にあります。

【特別対談】すしアカデミー福江誠×新選組リアン「アイドルのセカンドキャリアを考える」

東京すしアカデミー代表の福江誠と、男性アイドルグループ『新選組リアン』の元メンバー國定拓弥さんと山口純さんによる特別対談が実現しました。テーマは「アイドルのセカンドキャリア」について。2009年のリアン結成から10年。國定さんは飲食店経営者に転身。アルバイト生活の葛藤を経てどの様な経緯で焼き鳥屋を経営するに至ったのか?経営の楽しさ、難しさとは?

開業資金100万円をクラファンで調達!20代で寿司屋開業の事例が続々と

クラウドファンディングで150万円以上の開業資金の調達に成功した畠中亜弥子さん(29)には80名を超える支援者からは温かい応援のコメントが寄せられている。信田健斗さん(26)も100万円を超える資金調達に成功するなど、20代にして独立する事例が増えている。

人が好き。だから飲む!酒豪の女寿司職人がマレーシア生活を全力で楽しめた理由:畠中さん

集中特訓コース134期卒業の畠中亜弥子さん(29)。日本料理店・和菓子店の勤務を経てすしアカデミーを受講。卒業後はマレーシアの高級寿司店で経験を積み、現在は金沢で開業の準備中。「めっちゃ楽しかったです。」と語る畠中さんにマレーシアでの経験を話していただきました。

苦労と思わない。料理の楽しさ伝えたいオーナーと効率化された仕事は物足りない料理人の寿司屋

集中特訓コース卒業生の山口さんがスタイリッシュな寿司屋を町田で開業。料理長は同期の釜澤さんが務める。2人は40代。イタリアン居酒屋でオーナーシェフだった山口さんは2店舗目に寿司屋を選択。釜澤さんは和食の料理人からスキルアップ目指してアカデミーを受講する。

祖父の寿司屋を継ぐためにサラリーマン辞めて受講!卒業後は14万人のイベントで握る

江戸前寿司 集中特訓コース卒業の八木さん。大学卒業後は2年間東京でサラリーマンとして過ごすも、地元新潟で祖父が開業した寿司屋の3代目として家業を継ぐべく東京すしアカデミーに入学。寿司に関しては全くの素人からの挑戦となる。卒業後は14万人来場のイベントで寿司を握った。

35歳迄に独立を有言実行!飲食ベンチャーでの経験を活かす志賀さん

江戸前寿司集中特訓コース卒業の志賀さん。35歳迄に独立という決意をもってアカデミーに入学した。大手焼き鳥系居酒屋を経て、上司が起業した飲食ベンチャーに参画するなど、飲食業界で経験を積んだ。「独立はこれまで育んできたご縁の賜物。本当にありがたい。」と語る。

寿司でHAPPYに!外国人向けの寿司教室を開業の森下さん 会計士と二足のわらじ

週末江戸前寿司ディプロマコース卒業の森下さんは、外国人向けの寿司教室を開業。ご自宅のキッチン兼寿司教室で生徒に教えている。起業前は会計士。現在も非常勤で会計事務所に勤務しながら二足のわらじで日本文化を伝えている。

▼動画資料
▼東京すしアカデミー新宿本校
東京都新宿区西新宿8−2−5 新宿ウエストビル
営業時間│9:00〜18:00 日曜定休
繋がりにくい場合は 03-3362-1755