catch-img

常夏の国、シンガポールのファッション!

こんにちは!シンガポール通信第7号ですそろそろネタ不足になってきたので「食」「住」について触れてきたので、今回はシンガポールの「衣」事情についてレポートします。 と書いたものの、シンガポールは常夏の国。 冬でも30度前後あったりする赤道直下の国。 ということは、、、 冬用のコートもダウン、セーターも不要。

記事を見る

catch-img

卒業後は飲食店への転職が決まりました!日曜ディプロマコース卒業式

ちょっと欲が出て、将来の夢は、海外移住 海外就職!東京すしアカデミー日曜ディプロマコースの卒業式が、先日行われました。約1年間通う週末型本格寿司修行教室で、開校以来人気のあるコースです。今回の卒業生の方も生活スタイルそのものが受講によって変わったという方もおられました。「生活が変わるということは人生が変わるということ 

記事を見る

catch-img

2020年東京オリンピック開催決定!前回の東京大会の食事情

2020年のオリンピック開催地が東京に決定しましたね!大きなニュースが日本中、世界中を駆け巡りました。今回の広報ブログでは前回、1964年の東京オリンピックの際の選手たちの食事に関してお届けしたいと思います。今から約半世紀も前、アジアで初めて開催された歴史的なオリンピック。しかし、当時食事の

記事を見る



catch-img

握り寿司テストへ向けて練習、練習!

だるような暑い日々が続いていますね。もう日中は一歩も外に出たくない!という方も多いのではないでしょうか。(日が落ちてからも汗ばむ暑さには変わりありませんが・・・)東京すしアカデミーではそんな暑さに負けず劣らず、熱い授業が毎日行われています!今回ご紹介するのは握り寿司テストの練習の様子です。卒業の前に

記事を見る

catch-img

【日本食ビジネス事情】微笑みの国、タイ

近年、希望就職先として大人気の東南アジアの国々。その中でも微笑みの国と言われる『タイ』は日系企業も多く進出しており、また、日本人の移住希望先としても常に高い順位を保っています。外務省のデータによると、2011年10月1日の時点で、タイの長期滞在邦人数は48

記事を見る

catch-img

ワインと寿司、合うんです!

皆さんはお寿司を食べる時、一緒に楽しむお酒は何を選ばれることが多いですか?日本酒でしょうか。それとも、焼酎でしょうか。最近はワインという方も多いのではないかと思います。日本でも寿司とワインの店として全面に押し出すレストランも少なくなく、銀座の高級店でも寿司に合うワインを揃え、提供しているところも増えています。先日

記事を見る

catch-img

チリで日本食レストランを開業!食品メーカーの海外駐在員経て独立:西川さん36歳

Diplomaコース卒業生の西川さん36歳。食品メーカーの海外駐在員としてチリで長年暮らす。現地のなんちゃって寿司にビジネスチャンスを感じ寿司職人を志す。「日本文化を知ってもらいたい。また、将来的には食材の卸や貿易業務にも携わりたい。」と語る。

記事を見る

catch-img

【築地市場見学】築地市場が扇型なのはなぜ?

世界最大の卸売市場、東京の築地市場。 特に魚の卸売市場として有名ですよね。 東京すしアカデミーの2ヶ月制Diplomaコースでは 毎回築地市場見学を行なっています。 今回はその築地市場見学の様子をお伝えしたいと思います。 案内してくれるのは、築地でセリ人を35年以上勤めていた石井講師。

記事を見る

学校を見に来ませんか?

教室をご案内しながら、カウンセラーがお一人おひとりの状況に合わせたアドバイスをいたします。

寿司職人の給料はどのくらい見込めるのか?若く無いですけど大丈夫ですか?包丁も握ったこと無いのですが大丈夫ですか?ご安心下さい

情報収集のつもりでお気軽にお越しください。遠方の方はお電話でのご案内も可能です。

関連記事

新着記事

卒業生の活躍

すしアカデミーの感想

カンブリア宮殿に出演

人気記事ランキング

カテゴリー