卒業生インタビュー 大森宏之さん(スイス)part1

1年制寿司シェフコース6期大森宏之さんにインタビューしました。

 

※インタビューの動画はこのページの下部にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京すしアカデミー卒業後、スイス・チューリッヒの和食店で寿司シェフとして働き始めました。

 

寿司シェフへの転職は、30歳を過ぎて未経験からの挑戦でした。

 

 

 

 

■寿司職人を目指す前は何をされていましたか。

 

実は大学の頃からスキューバダイビングのインストラクターをしていました。

 

その後25歳の頃にきっかけがあって調理師免許を取り、

 

調理の仕事をしていました。

 

 

■寿司職人を目指したのはどうしてですか。

 

次第に「自分の店を持ちたい」と思うようになったんです。

 

和食だけでは難しいかなと思って、寿司の専門的な技術を

 

学びたいと考えました。

 

 

■海外での就職を希望したのはなぜですか?

 

私は神戸の出身なんですが、

 

地元に外国人や外国人が集まる飲食店が多く

 

そこから、色々な刺激をうけました。

 

自分自身も海外に行って知見を広めたいということと

 

日本に帰ってきても外国の方をもてなせるような

 

店を持ちたいとい思ったからです。

 

 

■スイスでの寿司人気はいかがですか?

 

所得が平均的に高いスイスでも寿司は高級料理の一つです。

 

給料日後なんかは皆さん食べたくなるみたいで良く来られますね。

 

寿司というか和食の中で特に人気なのがテリヤキです。

 

人気の寿司ネタはサーモンです。

 

あとはやはり外国人の定番人気の巻き寿司、

 

カリフォルニアロール、レインボーロール、

 

スパイダーロールといったところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

外国の文化を知り、日本では外国人を受け入れる

 

お店を作りたい。その強いモチベーションが

 

大森さんを寿司職人への道に導いたのですね。

 

物価の高いスイスでは寿司の値段は日本の4倍!

 

日本で美味しいお寿司を頂ける幸せを改めて実感します…。

 

 

(インタビューはpart2に続きます)

 

 

 

【コース開講情報】 Course Information

 

大森さんが卒業した寿司シェフコース、10月生最終募集!

 

入試を兼ねたオープンスクール(入学選考試験)はこちらから

 

人気記事ランキング

タグ一覧

アーカイブ

サイトマップ

(営業時間/9:00〜18:00 土/祝日含む、日曜定休)
※繋がりにくい場合は 03-3362-1755
(営業時間/9:00〜17:30 月〜金)

この内容で送信します。よろしいですか?