catch-img

目黒のさんま祭りに卒業生10名以上が集結!さんま鮨1000食完売の大盛況博す

東京すしアカデミーは寿司職人養成学校ですので、技術や知識を習得できるところに注目されがちですが、同期生との横のつながりも大きな財産になります。

9月8日。目黒で毎年恒例の「さんま祭り」が開かれ、アカデミーの卒業生・在校生10名以上が集結。さんま鮨を販売し1000食が完売。祭客は舌鼓を打ちました。

企画をしたのは集中特訓コース146期卒業の白形知津江さん。出版社を経営する白形さんですが、ご実家は目黒駅前で70年続く老舗のお寿司屋さん。お父様が病気のため4月に閉店するも3代目として復活させるべく当校を受講します。


白形知津江さん写真右

前日の仕込みにも10名以上の同期生が参加。骨抜きに悪戦苦闘して夜遅くまでかかったと楽しそうに話してくれたのが印象的でした。

お客さんとして駆けつけてくれた卒業生の姿も見られ、同窓会のような雰囲気もありました。

白形さんの寿司への想いに共感した同期生の飯田さんもこのお店で一緒に働くことが決まっています。現在は10月1日のリニューアルオープンを目指して準備中。クラウドファンディングではサポーターを募集中です。

  目黒駅前で70年続く老舗寿司屋「だるま鮨」復活プロジェクト、始動! 目黒駅前で70年もの間続いてきた老舗、「だるま鮨」が今年4月に閉店することとなりましたが、この度、長年店を支えてきた父の想いを娘二人が引き継ぎ、お店の復活に挑戦することを決意しました。店内や厨房の改修工事の費用に充てるため、応援してくださるサポーターの方... https://camp-fire.jp/projects/view/170989


ギャラリー

あわせて読みたい

  YouTuberラブ川食堂が寿司学校を卒業!成績は?寿司職人めざす理由とは 集中特訓コース146期卒業のラブ川食堂さん(30)はチャンネル登録者数23万人を有する現役のYouTuberです。お酒を飲みながら料理をするスタイルの料理系チャンネルを運営しており、お寿司の技術をYouTubeで活かしたいとの目的でアカデミーを受講する。 東京すしアカデミー│寿司職人養成学校
  開業資金100万円をクラファンで調達!20代で寿司屋開業の事例が続々と クラウドファンディングで150万円以上の開業資金の調達に成功した畠中亜弥子さん(29)には80名を超える支援者からは温かい応援のコメントが寄せられている。信田健斗さん(26)も100万円を超える資金調達に成功するなど、20代にして独立する事例が増えている。 東京すしアカデミー│寿司職人養成学校



学校を見に来ませんか?

教室をご案内しながら、カウンセラーがお一人おひとりの状況に合わせたアドバイスをいたします。

寿司職人の給料はどのくらい見込めるのか?若く無いですけど大丈夫ですか?包丁も握ったこと無いのですが大丈夫ですか?ご安心下さい

情報収集のつもりでお気軽にお越しください。遠方の方はお電話でのご案内も可能です。

関連記事

新着記事

卒業生の活躍

すしアカデミーの感想

カンブリア宮殿に出演

人気記事ランキング

カテゴリー

▼動画資料
▼東京すしアカデミー新宿本校
東京都新宿区西新宿8−2−5 新宿ウエストビル
営業時間│9:00〜18:00 日曜定休
繋がりにくい場合は 03-3362-1755