立夏(5月ごろ)に旬の天然鯛(桜鯛)!焼いたり煮たりするのがオススメ

ニッポンの二十四節気・旬のお魚を食べる 2018 = 其八= 立夏(りっか)には、真鯛!

四方を海に囲まれ豊富な海の幸に恵まれた国・日本。四季折々の旬の味覚が味わえる国・日本。この国にいてよかった!

本シリーズでは、『大阪市場屈指の仲卸の2代目』である魚のプロ・上田晋右(じょうたしんすけ)がニッポンの二十四節気にちなんだ旬のお魚を紹介。さあ旬の味覚を愉しみましょう!

皆さま、こんにちは!旬のお魚を食べていらっしゃいますか?!利州(株)の上田(ジョウタ)です。二十四節気にちなんだおススメの旬のお魚紹介、前回は穀雨(こくう)に旬の「イシガキダイをご紹介しました。そして今回は・・・

二十四節気・立夏(りっか)、暦の上では夏のはじまりとはいっても、本格的な夏はまだまだ先。日差しが強くなり気温が高い日もありますが、基本的には暑くもなく寒くもなく、湿度が低く風もさわやかなこの時期、おすすめの魚はズバリ「天然鯛」!

この時期の天然鯛は「桜鯛」と言われ大変重宝されます。そしてここ関西には、日本一と言われる鯛の産地があります。それは兵庫県の明石と和歌山の加太です。「明石の鯛」ってよく耳にしますよね! 明石産、加太産の天然鯛は人気が高く、市場に出回る前に直接産地から料理屋さんに行くことが多く、価格も次元が違います・・・!

天然と養殖では、天然が高くて養殖が安いと思っている方が多くいらっしゃると思いますが、この春の時期だけは事情が違ってきます。なんと「天然の方が安くなる」ことが頻繁に起こります! 市場にはズラリと天然鯛の入った箱が並べられ、しかもこれは朝一番の注文で出荷した後の売れ残りなんてことも。 というのは、鯛は春になると山のように獲れだしてたくさん出回るので相場が下がってくるのです。しかも、美味しくないから下がってるのではなく、一年間でもっとも美味しい時期にたくさん出回るのでお買い得になるという嬉しいことが起こり得るのです!


では、どこの産地がいいのかということになると思いますが、一番多く出回るのが長崎になります。これは巻き網なので、お造りにもいけますが、焼いたり煮たりする方が向いているお魚になります。他は、熊本や愛媛、広島、徳島の釣りや定置網の鯛がおススメです! これはお造りにも向いてますし、今の時期、脂ものって美味しいですよ。もちろんお寿司におススメですよ!

鮮魚の総合商社 株式会社利州 上田晋右

鮮魚の総合商社利州株式会社2代目。

「大阪中央市場に利州あり」とも言われるほど影響力を持った仲卸の後継ぎとして生まれ、幼い頃から鮮魚に親しむ。現在は同社の取締役として鮮魚の流通経路の開拓、小売店への販売戦略提案などを担当。

日本の魚市場の発展を流通と食文化の両面から支える。長年築いてきた大阪の鮮魚市場の深い知識とネットワークを活かし、日本の寿司文化の普及に注力している


学校を見に来ませんか?

教室をご案内しながら、カウンセラーがお一人おひとりの状況に合わせたアドバイスをいたします。

寿司職人の給料はどのくらい見込めるのか?若く無いですけど大丈夫ですか?包丁も握ったこと無いのですが大丈夫ですか?ご安心下さい

情報収集のつもりでお気軽にお越しください。遠方の方はお電話でのご案内も可能です。

関連記事

新着記事

卒業生の活躍

すしアカデミーの感想

カンブリア宮殿に出演

人気記事ランキング

カテゴリー

▼動画資料
▼東京すしアカデミー新宿本校
東京都新宿区西新宿8−2−5 新宿ウエストビル
営業時間│9:00〜18:00 日曜定休
繋がりにくい場合は 03-3362-1755