マグロは嫌われ者だった!?

お寿司の代名詞といえば、『マグロ』ですよね。

白いシャリの上に鮮やかな赤身ののった寿司が出てくると、

「寿司屋に来たなぁ」と感じるも多いのではないでしょうか。


実は今でこそ特に大トロは寿司の最高級品となっていますが、

江戸前寿司が誕生した当初、

マグロは下魚(下等な値段の安い魚)とされていたのです。

毎年初競りでは驚くほどの高値で取引されている現在では考えられませんね。

理由としては江戸時代はまだ現在の様に交通網が発達しておらず、

また、その運搬手段も人力。

マグロは鮮度を保つのが非常に難しく、

その為に価値の低い魚とされていました。

因みに「マグロ」の語源はいくつかあり、

目が大きく、黒い魚ということで

「目黒(マグロ)」となったという説の他に、

常温で保管するとすぐに身が黒ずんできてしまうため、

まっくろ→「マグロ」になったという説もあるのです。

それほどマグロは当時の人にとって扱いにくいものだったのですね。

その後、人気ネタのトップに躍り出たのは、

戦後の昭和30年台になってからのことなんだとか。

日本人の味覚の変化とともに、

一番大きな理由としてはやはり冷蔵庫の普及に負う所が大きいようです。

保存・運搬技術の発達によって

美味しいマグロが食べられるようになった私たちは幸せ者ですね!

人気記事ランキング

タグ一覧

アーカイブ

サイトマップ

(営業時間/9:00〜18:00 土/祝日含む、日曜定休)
※繋がりにくい場合は 03-3362-1755
(営業時間/9:00〜17:30 月〜金)