鮨・鮓・寿司!? どの漢字が正しいの?

先日行われたWorld Sushi Cupでは世界各地からシェフが集まって

腕を競い合っていましたね!

斬新なアイデアのお寿司も多数出品されていてとても見応えがありました。

コンテンポラリーなお寿司ももちろん素敵ですが、

本日は「すし」という漢字から少し歴史について触れたいと思います。

皆さん、すしと聞いたらどの漢字を思い浮かべるでしょうか。

?それとも寿司でしょうか?

 


」と「」は中国の辞書には2000年以上前から記載されており、

川魚などの淡水魚の保存食の意味で使用されています。

つまり、写真のような今の江戸前すしの事を指しているわけではなく、

「鮨」は今で言う塩辛のようなものを、

「鮓」は今のなれずし(川魚を塩と米で発酵させた保存食)を意味していました。

それがその後中国内で同義語となり、

日本へ渡来した時にははじめから混同して伝わったのだそうです。


それに対して、「寿司」という漢字は縁起を担いで

寿(ことぶき)を司(つかさどる)」という、

江戸時代の人々が考えた粋な当て字です。

現在ではこちらが最も一般的ですよね。

 

 

というわけで、「鮨」、「鮓」、「寿司」すべて正しい「すし」の漢字なのです!

そして時は過ぎ、グローバル化にあわせて

すしは世界においても日本食の代表格となりました。

「鮨」、「鮓」、「寿司」、「すし」に加え、

今では「SUSHI」も仲間入りを果たし、どんどんと進化を遂げています!!

日本人として誇ることの出来る寿司の技術を習得して、

海外就職を実現して見ませんか?

500名を超える東京すしアカデミー卒業生が海外で働いています。

各コース詳細・無料資料請求はこちらより!!

人気記事ランキング

タグ一覧

アーカイブ

サイトマップ

(営業時間/9:00〜18:00 土/祝日含む、日曜定休)
※繋がりにくい場合は 03-3362-1755
(営業時間/9:00〜17:30 月〜金)

この内容で送信します。よろしいですか?