Original

じょうだ校長のプチコラム 〜大阪の市場からお届けします〜Part29【イカ】

東京すしアカデミー大阪校の校長・上田がお届けするプチコラムです♫

 

まいどーーー!!
本日の魚は、夏から秋にかけて旬のイカ!
関東ではスルメイカですが、
関西ではケンサキイカになります。
別名、ヤリイカ・白イカとも言われます!
特に水揚げは、長崎、山口、鳥取でよく水揚げされます。

味は、ねっとりとしていて、とても甘みが強く味わい深いです。
料理は、何をしても美味いです!
刺身、イカソーメン!もちろんお寿司でも!
私が好きなのは、天ぷら!火を入れると、とても甘みが出て、たまりません。普通にボイルしてマヨネーズと醤油を混ぜたものでいただくのも最高です!お酒がとまりません。
さらに、ケンサキイカは、冷凍保存してもあまり味が落ちないので、重宝されます!

さて、ケンサキイカの写真が3枚あるのかというと
ケンサキイカにはサイズで分けられています。魚の並べられ方によって分けられます。
上から2段約12入・2段半約18入・3段約24入
となっています。もちろん大きなサイズほど高いです。また、うまいです。
このケンサキイカは、月夜になると量が減ってしまいます。
イカは、光に集まる習性があり月夜だとばらけてしまうのもあるそうです。また、月夜は潮の流れも速くなるので、少なくなります。

一度このケンサキイカ!味わってくださいまし!

 

東京すしアカデミー 大阪校

これは、市場の売り場の一部の写真です!たくさんの魚が並んでます。
たくさんありすぎて大興奮します笑。

東京すしアカデミー大阪校では、9月12日と9月26日に
体験入学説明会します。詳しくは、こちらのページから!

 

東京すしアカデミー大阪校 校長 上田 晋右

鮮魚の総合商社株式会社利州。

「大阪中央市場に利州あり」とも言われるほど影響力を持った

魚問屋の後継ぎとして生まれ、幼い頃から鮮魚に親しむ。

現在は同社の取締役として鮮魚の流通経路の開拓、

小売店への販売戦略提案などを担当。

2016年5月より東京すしアカデミー大阪校の校長に就任。

日本の魚市場の発展を流通と食文化の両面から支える。

長年築いてきた大阪の鮮魚市場の深い知識とネットワークを活かし、

新たに学校事業軸にした日本の寿司文化の普及に注力している。

人気記事ランキング

タグ一覧

アーカイブ

サイトマップ

(営業時間/9:00〜18:00 土/祝日含む、日曜定休)
※繋がりにくい場合は 03-3362-1755
(営業時間/9:00〜17:30 月〜金)