catch-img

赤ムツ(のどぐろ)は塩焼きに、黒ムツは鍋が美味しい!脂のりの良い魚

魚問屋の上田がお届けするプチコラムです♫

東京すしアカデミー 大阪 ムツ

まいどです。

GW明けてから、魚が市場には、あふれております!価格もリーズナブルになって、お買い求めやすくなってますよ!さて、今日は、赤ムツと黒ムツのご紹介です!そう、ムツは赤と黒があるんです。

赤ムツ 寿司職人

赤ムツは、皆さんよく知っていると思いますが、のどぐろとも言います。口の中が黒いことからきています。キンキに並ぶ脂がのった美味しいお魚として、とても人気が出ています。特に石川の赤ムツが有名です。

北陸の新幹線ができて、赤ムツがとても食べられるようになったため、昔と比べ相場が一気に上がってしまいました。涙です。私は、塩焼きが大好きですが、お造りや焼き霜造り、煮付けなど、良いですね!

よく取れる産地では、長崎の対馬のがとても良くて量もとれて出回ってます。

黒ムツですが、赤ムツと違って、歯がキツイので、手を入れないように気をつけてください!味の方は、見た目と違って、赤ムツにも負けないぐらいにいい脂と甘味がありますよ。秋から冬にかけて美味しいです。

鍋がとても美味しいです。もちろん鮮度が良ければ、お刺身も最高です。価格は、赤ムツよりは安いですが他の魚と比べると高い魚になります!大阪には、高知産の物が良く入ってきますよ!他には長崎でもとれます。

なかなかスーパーには見かけないかもですが、みかけて余裕があるならば是非食べてみてください!美味しいので、とても幸せな気分になりますよ!

鮮魚の総合商社 株式会社利州 上田晋右

鮮魚の総合商社株式会社利州。「大阪中央市場に利州あり」とも言われるほど影響力を持った魚問屋の後継ぎとして生まれ、幼い頃から鮮魚に親しむ。現在は同社の取締役として鮮魚の流通経路の開拓、小売店への販売戦略提案などを担当。

日本の魚市場の発展を流通と食文化の両面から支える。長年築いてきた大阪の鮮魚市場の深い知識とネットワークを活かし、日本の寿司文化の普及に注力している。

日本人と寿司の
近くて遠い関係

フジヤマ、キモノ、スシ。これらは海外から見た日本文化のイメージだが、私は富士山に登ったことも、着物を着たこともないし、寿司も握れない。

海外へ行くと日本人なんだから寿司を握ってとリクエストされることがある。寿司は家庭料理ではないんだよ。と断るのは簡単だがなんとも居心地が悪い。そんな私も日本人。

ホームパーティーや、営業・社交ツールとしての活用から、自宅で体験レッスンを開いたり、寿司の技術があれば世界が広がります。