Original

じょうだ校長のプチコラム 〜大阪の市場からお届けします〜Part10【マンダイ】

東京すしアカデミー大阪校の校長・上田がお届けするプチコラム
始めました!

 

さて、今回は、赤いしっぽのある魚!

赤マンボウです。 正式は、マンダイと言いますよ!

秋から冬にかけて、和歌山勝浦港にて水揚げされます。

キハダマグロやビンチョウマグロと一緒にあがります。

結構、大きくて、40から50k位ありますよデカイです!

これってどんな身しているのか気になりませんか? 味はどうなんだろう?

マンダイは、マンボウと違って、赤身なんです!

ちょっとオレンジぽいです。アジの方はお腹の部分は脂がのっていてトロです。

赤身なんでマグロに似ています。 ただ、食感がちょっと硬いですよ。

日本には色々な魚がいます!もっと知って、食を楽しんでください!


東京すしアカデミー大阪校 校長 上田 晋右

鮮魚の総合商社「大阪中央市場に利州あり」と言われる

株式会社利州の創業者の息子として、幼い頃から鮮魚に親しむ。

同社の取締役として鮮魚の流通経路の開拓、

小売店への販売戦略提案などを担当。

2016年5月より東京すしアカデミー大阪校の校長に就任。

日本の魚市場の発展を流通と食文化の両面から支える。

長年築いてきた大阪の鮮魚市場の深い知識とネットワークを活かし、

新たに学校事業軸にした日本の寿司文化の普及に注力している。

人気記事ランキング

タグ一覧

アーカイブ

サイトマップ

(営業時間/9:00〜18:00 土/祝日含む、日曜定休)
※繋がりにくい場合は 03-3362-1755
(営業時間/9:00〜17:30 月〜金)

この内容で送信します。よろしいですか?