Original

じょうだ校長のプチコラム 〜大阪の市場からお届けします〜Part9【ウマヅラハギ】

東京すしアカデミー大阪校の校長・上田がお届けするプチコラム
始めました!

 

まいど!!

今回は、ウマヅラハギの紹介です!

スーパーでもおなじみの冬の定番です。

特にお鍋に使われることが多いですよね!

また、煮付けやアクアパッツァなんてのもいいですよね。

このウマヅラハギにブランドがあるなんて知りませんでした。

可愛い女性で東大出身のお魚マイスターから教えていただきました!

魚津寒ハギ「如月王」というブラントの天然ウマズラハギ!

2月ごろを中心に水揚げされる25センチ以上の大きい物を対象とし、

肝を綺麗に大きくする為に2日ほど水槽に入れておくそうです。

最初聞いた時、所詮ウマヅラハギやんと馬鹿にしていました。

とりあえず仕入れてみました。

 

そして料理すると、 すごい!とても丁寧に扱っているから、

身が綺麗でとてもよく肥えていました!横綱です!笑

なんといってもすごかったのが、肝!メチャメチャでかい!

鮮度もいいので、生でもオッケー!本当に美味しかったです。

2月だけですので、一度買って食べてみてください!


 

東京すしアカデミー大阪校 校長 上田 晋右

鮮魚の総合商社「大阪中央市場に利州あり」と言われる

株式会社利州の創業者の息子として、幼い頃から鮮魚に親しむ。

同社の取締役として鮮魚の流通経路の開拓、

小売店への販売戦略提案などを担当。

2016年5月より東京すしアカデミー大阪校の校長に就任。

日本の魚市場の発展を流通と食文化の両面から支える。

長年築いてきた大阪の鮮魚市場の深い知識とネットワークを活かし、

新たに学校事業軸にした日本の寿司文化の普及に注力している。

人気記事ランキング

タグ一覧

アーカイブ

サイトマップ

(営業時間/9:00〜18:00 土/祝日含む、日曜定休)
※繋がりにくい場合は 03-3362-1755
(営業時間/9:00〜17:30 月〜金)

この内容で送信します。よろしいですか?