じょうだ校長のプチコラム 〜大阪の市場からお届けします〜Part3【ヤイトカツオ】

東京すしアカデミー大阪校の校長・上田がお届けするプチコラム
始めました!

本日、紹介するお魚は、天然ヤイトカツオ!

今、ちまたでは、マグロの代わりの商材として養殖が盛んになっているのをご存じでしたか?

あまり知られていないのですが、この冬にかけて長崎の対馬・壱岐・五島で漁獲できるのです。

特にこの地域で獲れるカツオは、身に物凄い良質な脂がのっていて身があま~い最高な味!

そして、タイミングがよければ養殖の半値ほどの価格で食べることができます。

また、ヤイトカツオは、鹿児島や宮崎、和歌山、高知等でも時々水揚げされます。

でも、この時期の長崎で獲れるのとは全く物が違うのです。鹿児島・宮崎のは脂のノリ具合が劣ります。

なお、このヤイトカツオは正式にはスマカツオと言います。

お腹にある黒い斑点が、ヤイトをすえたような跡に見えるためです。

是非この時期に長崎のヤイトカツオを食べていただきたいと思います。

東京すしアカデミー大阪校では、カウンター研修の時に季節の一品として出しました。

皆さんにとっても喜んでいただけて幸せな時間でした。