catch-img

ヤイトカツオはマグロの代わりとして養殖が盛んなほど良質な脂と甘みが特徴

魚問屋の上田がお届けするプチコラムです♫

本日、紹介するお魚は、天然ヤイトカツオ!今、ちまたでは、マグロの代わりの商材として養殖が盛んになっているのをご存じでしたか?あまり知られていないのですが、この冬にかけて長崎の対馬・壱岐・五島で漁獲できるのです。

特にこの地域で獲れるカツオは、身に物凄い良質な脂がのっていて身があま~い最高な味!そして、タイミングがよければ養殖の半値ほどの価格で食べることができます。

また、ヤイトカツオは、鹿児島や宮崎、和歌山、高知等でも時々水揚げされます。でも、この時期の長崎で獲れるのとは全く物が違うのです。鹿児島・宮崎のは脂のノリ具合が劣ります。

なお、このヤイトカツオは正式にはスマカツオと言います。お腹にある黒い斑点が、ヤイトをすえたような跡に見えるためです。是非この時期に長崎のヤイトカツオを食べていただきたいと思います。

鮮魚の総合商社 株式会社利州 上田晋右

鮮魚の総合商社株式会社利州。「大阪中央市場に利州あり」とも言われるほど影響力を持った魚問屋の後継ぎとして生まれ、幼い頃から鮮魚に親しむ。現在は同社の取締役として鮮魚の流通経路の開拓、小売店への販売戦略提案などを担当。

日本の魚市場の発展を流通と食文化の両面から支える。長年築いてきた大阪の鮮魚市場の深い知識とネットワークを活かし、日本の寿司文化の普及に注力している。

日本人と寿司の
近くて遠い関係

フジヤマ、キモノ、スシ。これらは海外から見た日本文化のイメージだが、私は富士山に登ったことも、着物を着たこともないし、寿司も握れない。

海外へ行くと日本人なんだから寿司を握ってとリクエストされることがある。寿司は家庭料理ではないんだよ。と断るのは簡単だがなんとも居心地が悪い。そんな私も日本人。

ホームパーティーや、営業・社交ツールとしての活用から、自宅で体験レッスンを開いたり、寿司の技術があれば世界が広がります。