Original

はまち握り練習 ディプロマコース122期 

5月初めに入学したディプロマコース122期生。
スタートから1ヶ月が経過し、握る姿もサマになってきました!

 

この日は「ハマチ」の握りの練習です。

こちらの西川さん。海外就職希望だそうです。

「今年30歳になります。ワーキングホリデービザの申請は30歳までという

国も多いので、今年がラストチャンスだと思っています」ということ。

調理の経験を活かして、海外で寿司職人としてスキルアップを目指します。

たった1ヶ月でこの手さばき!残りの1ヶ月

どこまで上達するか楽しみですね。

 

 

単に「握り」と言っても

ご飯を丸めたものの上にネタが乗っていれば

良いというわけではありません。

ネタの大きさ、形の美しさ、

口に入れて初めてほぐれるような絶妙な

固さが寿司には求められます。

東京すしアカデミーでは

プロとして通用する握りができるようになるまで

講師の厳しい指導が入るのです。

寿司の奥深い世界を

最短期間でマスターするために

生徒たちは日々何十貫もの量を握り

練習しています。

 

頑張れ、ディプロマ122期生たち!

人気記事ランキング

タグ一覧

アーカイブ

サイトマップ

(営業時間/9:00〜18:00 土/祝日含む、日曜定休)
※繋がりにくい場合は 03-3362-1755
(営業時間/9:00〜17:30 月〜金)