catch-img

ハワイ就職を実現!女性寿司職人 辻あゆみさんはビザ取得に3ヶ月待った

辻あゆみさんの卒業後の活躍についてお話しを伺いました。移住希望者も多く、大人気のハワイへの就職を実現させた、寿司シェフコース(現 寿司職人養成インターンシップコース)5期生の辻あゆみさん。

受講中に求人を見つけ、一度旅行で訪れ、暮らしてみたいと思っていたハワイへの就職が決まりました。

— 何故、寿司を学ぼうと思ったのですか?—

カナダに滞在中ネットで偶然「東京すしアカデミー」を目にし、寿司の技術を学べる専門の学校があることを知りました。カナダにいる時は、日本に戻ってずっと日本にいる予定でしたが、また海外に行きたいなと思った時に、すしアカデミーを思い出しました。

— 当校で学んで役に立ったことはなんですか? —

全部です!

— ハワイ現地就職する際に手間取ったところはどこですか?—

ビザが大変でした。大体3か月くらいかかったと思います。

— ハワイではどんな寿司が人気ですか?— 

ドラゴンロール(うなぎが乗ったロール)等、味がはっきりとしたものが人気です。握りよりもロールが人気で、7:3の割合でロールが出ます。具材だと、アボガド・サーモン・ツナが人気ですね。

— 現地でのやりがい、楽しみはなんですか?—

『美味しかったよ!』と、わざわざ厨房まで言いに来てくれることです。

— 休日は何をされていますか?—

ボディーボードをしています。寿司だけだと仕事は週5日なんですが、ウエイトレスの仕事を1日しているので、丸一日休みの日が週1日といった感じです。

レストランの目の前が海なので、休み時間にもボディーボードをしに行ったりもします。マリンスポーツ好きにはたまらない環境ですよね!

— 海外で就職していかがですか?— 

楽しいです!それと、給料が時給換算すると日本より稼げるのではないかと思います。

— これからの夢や、やりたいことは何ですか?—

次はオーストラリアに行こうと思っています。まだ決まっていませんが、ブリスベンかゴールドコーストが候補です。本当に世界中どこにでも、腕一本で行けるというのが寿司の技術の凄さですね!

公務員から寿司シェフへ華麗に転身したあゆみさん、今後もまた素敵な報告をお待ちしております。インタビューにご協力頂き、ありがとうございました!


学校を見に来ませんか?

教室をご案内しながら、カウンセラーがお一人おひとりの状況に合わせたアドバイスをいたします。

寿司職人の給料はどのくらい見込めるのか?若く無いですけど大丈夫ですか?包丁も握ったこと無いのですが大丈夫ですか?ご安心下さい

情報収集のつもりでお気軽にお越しください。遠方の方はお電話でのご案内も可能です。

関連記事

新着記事

卒業生の活躍

すしアカデミーの感想

カンブリア宮殿に出演

人気記事ランキング

カテゴリー