catch-img

寿司を引き立てる「酒」とは


美味しい寿司に出会うと美味しい酒が飲みたくなります。寿司職人は寿司のみならず酒についても熟知している必要があるのです。そこで、先日学校スタッフは埼玉にある神亀酒造さんを訪れ、お話を伺ってきました。


戦後お米は貴重だったので、純米酒はあまり作られてきませんでした。その中でも神亀酒造さんはあえて純米酒作りにこだわっていたので当時の業界では珍しかったのだそうです。

「最近の酒は味が強すぎる。飲んだ後も風味が残ってしまい、寿司や魚料理と合わせるのが難しいのです」 そう語る酒造オーナーの小川原さん。

「我々が作るのは酒の為の酒ではなく料理を引き立てる酒。つまり飲めばシャリが進むような酒作りをしている。」

酒が秘めた可能性を私たちに教えてくれました。寿司職人ならネタやお客様に合わせて迷わず旨い酒をオススメできるようになっていたいものですね。


学校を見に来ませんか?

教室をご案内しながら、カウンセラーがお一人おひとりの状況に合わせたアドバイスをいたします。

寿司職人の給料はどのくらい見込めるのか?若く無いですけど大丈夫ですか?包丁も握ったこと無いのですが大丈夫ですか?ご安心下さい

情報収集のつもりでお気軽にお越しください。遠方の方はお電話でのご案内も可能です。

関連記事

新着記事

卒業生の活躍

すしアカデミーの感想

カンブリア宮殿に出演

人気記事ランキング

カテゴリー