【ワーキングホリデービザ】 カナダ

世界で2番目に広い国土を誇るカナダは、洗練された都会とダイナミックな自然とが調和した国です!


カナダは多数の民族が共存する「モザイク」国家です、そのため他者を受け入れることにとても寛大です。
欧米諸国のなかでは犯罪発生率が比較的少なく、治安のいい国として知られていますね。

そして、2012年の夏に、「多くの人が留学した人気都市ベスト5」のうち、 
1位バンクーバー、2位トロントと、カナダの都市が上位を占めました!

カナダが人気の理由は、
○治安が良く、安全
○物価が安く、暮らしやすし
○訛りのないきれいな英語を学びたい 

カナダでも一番人気のバンクーバーは、
都市の快適さを備えながら、海が間近にあり、緑にあふれた環境です。
緯度の割に、秋~冬も寒さは厳しくなく過ごしやすいのです。
シアトルからバスで3時間というところも魅力の一つです。 
シアトルに野球観戦にいく留学生も多いほどです。 

人気都市第2位のトロントは、
大都市でありながら緑が多く、住みやすい環境です。
ナイアガラの滝が決め手でトロントを選んだ短期留学生は少なくないようです。
そして、ニューヨークまで飛行機でたったの1時間30分という距離で、
ワシントンDCや、ボストンなども2時間程度で移動することが可能です。

 

ワーキングホリデー申請条件
 

日本の国籍を有する

年齢が、申請書受理時点で、18歳以上30歳以下である (出発時の年齢ではありません)

以前にこのプログラムを申請し、ワーキングホリデー就労許可通知書の発給を受けていない

最低2,500カナダドル相当の資金を有している (およそ20万円)

滞在期間中の障害、疾病をカバーする医療保険に加入すること
(カナダに入国する際、医療保険の加入を証明するものを提示するよう、求められる場合があります)

150カナダドル相当のプログラム参加費の支払いができること

カナダ国内で仕事がまだ内定していないこと

 

ワーキングホリデーの仕事

仕事はバンクーバーが多いイメージを持っている方が多いようですが、トロントの方が仕事は多いです。
しかし、英語力のない日本人がバイトを見つけようとするならバンクーバーの方が多いです。
バンクーバーは日本人観光客が多いので、日本語の需要が多いからです。

アルバイト時の最低時給は最近までは6ドルが認められていましたが、今後は10ドルになります。
 ワーキングホリデーでは、
すべて自分で積極的に動いた人のみが理想のワーキングホリデーを実現しています。


スキー場でのバイトを希望する人は夏には行動して下さい。
通常10月にはスキー場がオープンしますが、
その3カ月前にはスタッフ募集がネットや新聞などに掲載されます。
そして面接日がバンクーバーやトロント市内で開催され、
10月や11月にはスキー場でバイトが開始されます。


スキー場内のレストランでの仕事もあります。
またスキー場周辺のホテルやコッテージやレンタル屋さんは個人オーナーが多いので、
一軒一軒仕事探しに回ることも必要です。
ワーキングホリデーで世界レベルのボーダーとからんでビデオ出演なんてことも。。。 

カナダに渡り、
現役で寿司シェフとして活躍中の卒業生の声こちらより。

人気記事ランキング

タグ一覧

アーカイブ

サイトマップ

(営業時間/9:00〜18:00 土/祝日含む、日曜定休)
※繋がりにくい場合は 03-3362-1755
(営業時間/9:00〜17:30 月〜金)

この内容で送信します。よろしいですか?