Original

シンガポールのチャイナタウンはまるでアメ横!?

こんにちは!シンガポール通信第14号です。


みなさま、あけましておめでとうございます!


遅い~という声も聞こえそうですが、実はシンガポールのお正月は


今年は1月31日、2月1日で、今週はまさに正月明けなのです。



日本の年末年始にあたる1月1日は単なる祝日で、ベイエリアではカウントダウンや花火もあるのですが、


1月2日からは何事もなかったように仕事モードになってしまうのに対し旧正月は、本当に正月気分です。


1月の半ばから、世の中がそわそわし始め、旧正月の飾りつけ、


正月の食べ物などのお店は大繁盛していて、まるで年末の上野・アメ横のような光景です。


シンガポール校のあるチャイナタウンはまさにその中心。


道路には今年の干支である馬の飾りつけや、



縁起物でしょうか、お金が降ってくる飾りつけがしてあります。


中国系の方が多いにも関わらず、あまり中国色を感じさせないシンガポールですが、


この時期ばかりは全開です。


大みそかの夜は、各エリアで花火が打ち上げり、盛大に祝います。


そして、日本でいう三箇日は、ほとんどのお店が休みになります。


家族で、親族周りをしたり、正月のご飯を食べたり、子供にお小遣いをあげたり、、、


正月の過ごし方は、どこもあまり変わらないのかもしれませんね。



シンガポール校の準備でこちらに来たのが、ちょうど1年前の旧正月明けでした。


約1年がたってみて、シンガポールへの印象はだいぶ変わりました。


日本のメディアにはシンガポールの華やかな面ばかりが取り上げられているように思えます。


確かに一人当たり所得では日本をすでに超え、物流、金融、観光のハブとして栄え、


沢山の富裕層が住んでいるのは事実ですが、それはあくまで一面。


たくさんの庶民がいて、生活感いっぱいで頑張っています。



これはシンガポールに限ったことでないと思います。


インターネットを見ればたくさんの情報はありますが、それはあくまで一面を映しているにすぎません。


百聞は一見にしかず、海外での仕事に興味がある方は、

ぜひいちど飛び込んでみることをお勧めします。



今年も良い1年をお過ごしください!

シンガポール校では新講座がスタート!

英語環境で寿司・日本食を学びませんか?

学校を見に来ませんか?

教室をご案内しながら、カウンセラーがお一人おひとりの状況に合わせたアドバイスをいたします。

寿司職人の給料はどのくらい見込めるのか?40代ですけど大丈夫ですか?包丁も握ったこと無いのですが大丈夫ですか?ご安心下さい

情報収集のつもりでお気軽にお越しください。遠方の方はお電話でのご案内も可能です。

新着記事

卒業生の活躍

すしアカデミーの感想

カンブリア宮殿に出演

人気記事ランキング

カテゴリー

▼東京すしアカデミー新宿本校
東京都新宿区西新宿8−2−5 新宿ウエストビル
営業時間│9:00〜18:00 日曜定休
繋がりにくい場合は 03-3362-1755