Original

寿司職人養成学校なのに、洋食 !? 未来のメニュー創作への第一歩。

 

寿司職人養成学校なのに、洋食!?

そう思われた方もいるのではないでしょうか。

この色鮮やかお料理1年制の寿司シェフコースの生徒達の作品です。

東京すしアカデミーでは通常の伝統的な江戸前寿司の授業に加え、

創作料理の授業も行なっています。
 

世界各地の文化を日本の文化と掛け合わせ、

新しいものを創造のが得意と言われる日本人。

考えてみるとアンパンも西洋で生まれたパンと

日本で昔から親しまれているあんこを

「フュージョン(融合)」させたものですよね。
 

海外では日本食のフュージョンレストランも依然人気があり、

海外就職の際の一つの選択肢になってきます。

そこでは独創的なアイデアが必要になる場合も多く、

独創性や盛り付け等、味だけではなく総合的なスキルが必要です。

 

この日はカツオを一人まるごと一匹ずつさばいた後、

創作料理を作っていきました。

 


それぞれ個性溢れる料理が出来上がり、

その後は皆で食べ合いながら意見交換。

この意見交換の時間もとても重要です。

先生やクラスメートから様々なコメントをもらって次回に活かしていきます。

 


このように寿司シェフコースでは1年間でみっちり

幅広いスキルを身につけることが出来ます。

今回の授業は未来のメニュー創作への第一歩となりそうですね!!

人気記事ランキング

タグ一覧

アーカイブ

サイトマップ

(営業時間/9:00〜18:00 土/祝日含む、日曜定休)
※繋がりにくい場合は 03-3362-1755
(営業時間/9:00〜17:30 月〜金)

この内容で送信します。よろしいですか?