西と東で異なる、寿司飯の味!!

基本的に、「関西の料理は薄味、関東の料理は濃味」

というのが定説ですよね。

有名なところだと、うどんのつゆ。

関西はだしの香る薄いつゆ、

関東は醤油の香りのする濃い目のつゆが主流です。

インスタントラーメンや、コンビニのおでんのつゆも

関東と関西では別々のものを販売している所も多いですよね。

しかし、寿司飯はその逆、

「関西の方が濃味、関東のほうが薄味」なのはご存知でしたか?

関西の寿司飯に使われる砂糖の量は

江戸前寿司の何と、2倍にもなるのだそうです。

ちなみに江戸前寿司は皆さんご存知の握り寿司。

関西寿司はこちらの写真にあるようなバッテラなどの

押し寿司、箱寿司などです。

 

関西寿司の寿司飯が甘い理由の一つは、

関西寿司は保存食であるため。

砂糖も塩と同じように、使えば使うほど保存効果は高まります。

それに対して江戸前寿司は握ったその場で食べる、

今で言うところのファストフードの様なものでした。

関西寿司は一晩経ったくらいの方が、

味も落ち着いて美味しいということもありますが、

江戸前寿司は握りたてが一番!


様々な違いが見られます。

 

 

皆さんは西の関西寿司、東の江戸前寿司、

どちらがお好みですか?

 

バッテラ発症の地、大阪、そして名古屋福岡

東京すしアカデミー学校説明会の開催決定!

お寿司や海外就職にご興味のある方は、是非ご参加下さい。

詳細は上記の各都市名をクリックしてご覧ください!

人気記事ランキング

タグ一覧

アーカイブ

サイトマップ

(営業時間/9:00〜18:00 土/祝日含む、日曜定休)
※繋がりにくい場合は 03-3362-1755
(営業時間/9:00〜17:30 月〜金)

この内容で送信します。よろしいですか?