catch-img

見分けつく?エテカレイ・平目・赤ガレイ・マカレイの見分け方

魚問屋の上田がお届けするプチコラムです♫


今日は、様々なカレイを見比べて、覚えましょう!皆さん、画像を見ただけでカレイの名前全てわかりますか?私は、入社したばかりの頃、このカレイがみんな同じに見えて、とてもミスばかりしてよく怒られました。

見慣れたらすごく簡単ですが、それまでは難しいです。写真では、1つだけ、カレイでないのも入れています。わかるかな?

では、上からいきますよ!

模様で、中が白くてフチが透明なのが、エテカレイ!少し磯匂いがしますが、一夜干しにして、焼いて食べるとすごく甘くて、お酒がすすみます!

次が、わかりました?これは、平目です!よく肥えていいヒラメです!

その次は、赤ガレイです。うっすら赤い感じがします。赤ガレイは子持ちのが価値があります!旬は秋から冬にかけて、日本海の底引き漁で漁獲されます。

次は、マカレイ!尻尾の方が黄色くなるのが特徴。関西では、北海道の物がよく出回ってます。塩焼き、煮付けなど美味しいですよ。

最後は、水カレイ!お腹が白く、身は水みたいに透明感があります!旬は、秋から春です。東京では、ムシカレイというらしいです。

また、味は実際食べ比べてみるのも面白いですね!私はエテカレイが好きです。

鮮魚の総合商社 株式会社利州 上田晋右

鮮魚の総合商社株式会社利州。「大阪中央市場に利州あり」とも言われるほど影響力を持った魚問屋の後継ぎとして生まれ、幼い頃から鮮魚に親しむ。現在は同社の取締役として鮮魚の流通経路の開拓、小売店への販売戦略提案などを担当。

日本の魚市場の発展を流通と食文化の両面から支える。長年築いてきた大阪の鮮魚市場の深い知識とネットワークを活かし、日本の寿司文化の普及に注力している。

日本人と寿司の
近くて遠い関係

フジヤマ、キモノ、スシ。これらは海外から見た日本文化のイメージだが、私は富士山に登ったことも、着物を着たこともないし、寿司も握れない。

海外へ行くと日本人なんだから寿司を握ってとリクエストされることがある。寿司は家庭料理ではないんだよ。と断るのは簡単だがなんとも居心地が悪い。そんな私も日本人。

ホームパーティーや、営業・社交ツールとしての活用から、自宅で体験レッスンを開いたり、寿司の技術があれば世界が広がります。