catch-img

春のお魚!赤メバルと黒メバルに最適な料理方法とは?食べ比べしてみて

魚問屋の上田がお届けするプチコラムです♫

今日は、春のお魚! 赤メバルと黒メバルです。北陸で主に上がります。赤メバルは、サイズのおっきい物から、小さい物まで様々です。赤メバルは、本来は沖メバルと呼ばれてますよ。

そして、鳥取、長崎の方へ行くと、身の締まりはいいですが、脂のノリが少なくなります。石川・福井のが美味しくて人気です!焼霜降りにして食べるのが美味しいですよ。

クロメバルは、北陸でもあがりますが、赤メバルよりは少ないです。関西では淡路島周辺のがよくきます。大きくても小さくてもとてもとても甘みがあって美味しい!

煮付けに最適です。骨の身離れが良くて食べやすいので、子供にもいいですよ。どちらがうまいかですが、私は黒メバルが好きです。^_^ 食べ比べしてください。

鮮魚の総合商社 株式会社利州 上田晋右

鮮魚の総合商社株式会社利州。「大阪中央市場に利州あり」とも言われるほど影響力を持った魚問屋の後継ぎとして生まれ、幼い頃から鮮魚に親しむ。現在は同社の取締役として鮮魚の流通経路の開拓、小売店への販売戦略提案などを担当。

日本の魚市場の発展を流通と食文化の両面から支える。長年築いてきた大阪の鮮魚市場の深い知識とネットワークを活かし、日本の寿司文化の普及に注力している。

日本人と寿司の
近くて遠い関係

フジヤマ、キモノ、スシ。これらは海外から見た日本文化のイメージだが、私は富士山に登ったことも、着物を着たこともないし、寿司も握れない。

海外へ行くと日本人なんだから寿司を握ってとリクエストされることがある。寿司は家庭料理ではないんだよ。と断るのは簡単だがなんとも居心地が悪い。そんな私も日本人。

ホームパーティーや、営業・社交ツールとしての活用から、自宅で体験レッスンを開いたり、寿司の技術があれば世界が広がります。