Original

ひな祭り -行事食で女の子の幸せを願う日-

3月3日はひな祭り。

女の子の健やかな成長を願ってお祝いをする日です。

ひな祭りといえば様々な縁起物が食卓を飾る日でもあります。

ちらし寿司に蛤の潮汁、ひなあられ・・・。

子供の頃には普段には頂けない特別な料理の数々が楽しみだった

なんて方も少なくないのではないでしょうか。

 

まずは、「蛤のうしお汁」

古の日本でも、3月は磯遊びの季節でした。

貝類が旬を迎えるこの時期に蛤はたくさん収穫されていました。

2枚の貝がぴったりと合う蛤。他の貝殻とは絶対に合わないことから、

女の子の「貞操」を象徴。また、何事にも相性の良い結婚相手と結ばれて、

仲睦まじく過ごせる「夫婦和合」の願いも込められています。

今でも盛りつけるときに、開いた貝の両側にそれぞれ身をのせ

(1つの貝に2つ分の身がのる)、将来の幸せを祈っていただく風習が残っています。

 

ひな祭りの食卓を彩るちらし寿司。具材にも縁起物がよく使われています。

 

例えば、えびは「腰が曲がるまで長生きするように」。

れんこんは「見通しがきくように」、

豆「健康でまめに働けるように」などなど・・。

 

縁起のいい具が祝いの席にふさわしく

三つ葉、卵、人参などの華やかな彩りが食卓に春を呼んでくれるため

ひな祭りの定番メニューとなったようです。

人気記事ランキング

タグ一覧

アーカイブ

サイトマップ

(営業時間/9:00〜18:00 土/祝日含む、日曜定休)
※繋がりにくい場合は 03-3362-1755
(営業時間/9:00〜17:30 月〜金)

この内容で送信します。よろしいですか?