catch-img

中日新聞のにぎりずしをテーマとした取材で『求められる寿司職人像』についてお答えしました

2019年10月20日発刊の中日新聞の特集記事「知るコレ!」の取材に対して、東京すしアカデミーとして回答させていただきました。テーマは「にぎりずし」。

開催が来年に迫る東京五輪・パラリンピックを日本文化を世界に発信する絶好の機会であると捉え、ユネスコの無形文化遺産に登録された和食から代表格である「寿司」を学ぶ内容となっております。

中日新聞からの取材に対して、「職人は世界で不足。アメリカ・ニューヨーク、イギリス・ロンドンなどの大都市では、カウンター越しにすしを握り、客をもてなす人材が求められています。雰囲気を大事にする高級店では、職人は現地の人ではなく日本人が望まれるそうです。」と、回答させていただきました。

取材記事はこちらから読むことができます。
https://www.chunichi.co.jp/article/feature/shirukore/list/CK2019102002100010.html



学校を見に来ませんか?

教室をご案内しながら、カウンセラーがお一人おひとりの状況に合わせたアドバイスをいたします。

寿司職人の給料はどのくらい見込めるのか?若く無いですけど大丈夫ですか?包丁も握ったこと無いのですが大丈夫ですか?ご安心下さい

情報収集のつもりでお気軽にお越しください。遠方の方はお電話でのご案内も可能です。

関連記事

新着記事

卒業生の活躍

すしアカデミーの感想

カンブリア宮殿に出演

人気記事ランキング

カテゴリー

▼動画資料
▼東京すしアカデミー新宿本校
東京都新宿区西新宿8−2−5 新宿ウエストビル
営業時間│9:00〜18:00 日曜定休
繋がりにくい場合は 03-3362-1755