じょうだ校長のプチコラム 〜大阪の市場からお届けします〜Part8 ババアとオジサン

東京すしアカデミー大阪校の校長・上田がお届けするプチコラム
始めました!

まいどです。 本日の紹介するお魚は2つ!

「幻の魚」と珍しいお魚です。 決して、売り場で大声で呼べないお魚!(こっそり)

黄色いお魚が通称「ババア」可愛く言えば、「ババチャン」^_^

赤いお魚は、アゴにヒゲがあるので、「オジサン」!

呼んでるだけで楽しくなるお魚たちですね。

まずはババア!正式名は、タナカゲンゲです。

主に鳥取県で底引き網にかかります。

最近ちょくちょくテレビで紹介されることが出てきた為、市場でも出回り出しています。

美味しい食べ方は、鍋!と唐揚げ!

その時は、皮をつけてくださいね。身と皮の間が美味しいです。

関西のスーパーでは、お客のおばちゃんが、「私コレ買ったら共食いなるやん」と冗談をとばしてます。

お客さんとのいいコミュニケーションを促進してくれるお魚でもあるんですね。

見た目はちょっとグロテスクですが美味しいお魚ですよ。価格もそんなに高くないので、オススメです。

次に、オジサン!正式名は、オキナヒメジです。

和歌山から熊本にかけたところのものが、関西では入荷します。

昔は、とても安かったのですが、最近飲食店の方がよく使用しだしてから、だいぶ上がりました。

身に甘みがあって美味しいのです。お刺身・煮付け、アクアパッツアなどなど・・・

どうやっても美味しいのです! このお魚は、大阪の市場にある利州に問い合わせていただけたら、いいですよ。