じょうだ校長のプチコラム 〜大阪の市場からお届けします〜

東京すしアカデミー大阪校の校長・上田がお届けするプチコラム
始めました!

今日のお魚は、うーーー!マンボウです。
太平洋では、夏ですが日本海側福井県では、

毎年11月12月に定置網にまとまってかかってきます。
残念ながら、福井県では、食べる習慣がないため中央市場に送られてきます。

マンボウを見てこれたべれるの?と思いませんか?
でも食べれるんです。
今から食べ方を紹介します。
まず、一番美味しいところは、腸です。

漁師さんによったら腸だけとって身は捨てる人もいるだとか。
まず、腸を綺麗に洗い、これを細かく切って唐揚げにするのがよく食べられます。
また焼肉のタレやキムチなどと漬け込んで焼いても美味しいですよ。
あとは、身ですが鮮度がよければ、お刺身でもいけますが、

柔らかくゼラチン質なので、炒めたり揚げたりが美味しいですよ。
地域によっては串焼きしたり、煮たりするとこもあるみたいです。

一度見つけた時は、是非買って試してください。