卒業生インタビュー 佐々田さん(銀座・バンコク)


寿司シェフコース3期卒業生の

 

佐々田友規さん(37)にお話を伺いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

佐々田さんは現在銀座の高級寿司店で勤務されており、

 

バンコク店の現地立ち上げメンバーとしてタイに渡っています。

 

 

 

 -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 

 東京すしアカデミー入学前は何をされていましたか?

 

  -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 

 

 

 

大学は考古学の専攻で卒業後はしばらく遺跡の発掘をしていました。

 

その後飲食業界に転身し居酒屋の店長などを経験しました。

 

そこで日本の飲食業界は国内での出店が厳しくなっていると感じました。

 

 

 

   -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 

  寿司職人を目指したきっかけは?

 

   -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 

 

当時習っていた英会話の先生に

 

日本人が海外で働くなら寿司職人になればビザが取りやすい、と聞いたのをきっかけに、

 

いろいろインターネットで調べ、そこで見つけた

 

東京すしアカデミーの福江校長のセミナーに参加しました。

 

そこで改めて海外での寿司ブーム寿司業界の可能性を感じました。

 

 

 

   -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 

 在学中のことについて教えてください。

 

   -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 

居酒屋で働きながらの通学でしたので、ほとんど寝ていなかったと思います(笑)

 

体力的にはかなりきつかったと思いますが、先に夢が見えていたので

 

つらいと思ったことはありません。

 

実技に関しては得意なほうだったと思います。

 

苦手な分野は授業のあと残って練習して補いました

 

東京すしアカデミーに通ってよかったと思うのは

 

すし店で働くために必要な技術、一連の基礎が身についたことです。

 

「さばく、しめる」などの基本的な技術、魚から貝まで

 

すし屋で扱うネタのほとんどの仕込みの仕方を実践で学ぶことが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 

 クラスメイトとの交流はありましたか。

 

   -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 

 

卒業後3年たっても連絡をとりあっています。

 

同級生が世界中にいるので、各国の状況など情報交換をできてとても助かっています

 

東京すしアカデミーでこうした友人とのネットワークを得たことは

 

技術以上にありがたいものだったかも知れません。

 

 

 

   -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 

 語学は勉強されていましたか。

 

   -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 

 

海外で働きたいという考えは昔からありましたので英会話は以前から習っていました。

 

特に寿司職人は、ただ美味しい寿司を出せば良いという仕事ではありません

 

寿司屋の場合、自分という人間を知ってもらう必要があります。

 

「あの板前がいるから」とまた来てくださるお客様が多いのです。

 

外国人のお客様にそう思っていただくためには、

 

やはり外国語の習得は必要不可欠だと思います。

 

 

 

   -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 

 これから海外を目指す方にアドバイスをお願いします。

 

   -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 

 

行きたい国にもよりますが私はアジアでの経験があるので

 

主に発展途上国で日本人が働く場合についてのお話をします。

 

実はアジアや発展途上国では

 

日本人が寿司職人の仕事を見つけることはさほど困難ではありません。

 

問題は長く続けられるかどうかなんです。

 

日本人と現地のシェフでは給与に大きな差が出ます。

 

日本人を受け入れたレストランでは、現地の方が

 

見よう見まねである程度のことができるようになります。

 

中級以下のクラスの寿司レストランだと、

 

日本人と変わらないなら現地のシェフで良いという判断になることが多いのです。

 

「働き始めるは簡単、その土地で続けることはとても難しい。」

 

厳しいようですがこれが現実です。

 

海外を目指す方は、現地でも必要とされるだけの

 

職人としての核を磨くことが必要になると思います。

 

 

 

   -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 

 改めて日本で就職活動された理由を教えてください。

 

   -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 

 

私は最初に勤めたマレーシアのすし店での契約を3ヶ月で満了し、

 

帰国して日本で就職活動をしました。

 

「日本の料理とは」「日本食の食材とは」といったこと

 

日本を代表して発信するのに

 

自分の技術や経験に裏打ちされた知識がまだ足りないと考えたからでした。

 

学ぶためには、日本でもトップクラスの

 

ネタや職人がそろった店で働きたいと考えました。

 

日本の老舗、しかも高級なすし店で働くことを希望しました。

 

やはり銀座の高級店にはいろいろなお客様がいらっしゃり、

 

学ぶことが多く、少し職人としての核が身についたように感じています。

 

これから海外で寿司職人として働く方には

 

日本でしっかり本物の寿司を学ぶことをおすすめします。

 

 

   -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 

佐々田さん、インタビューへのご協力ありがとうございました!

 

現在働く銀座の高級寿司店がバンコクに支店を出すことになり

 

その立ち上げメンバーとしてタイへ行くことになった佐々田さん。

 

日本で職人としての核を得た彼が

 

タイで握る寿司はさらに厚みを増していることと思います。

 

 

 

 

【コース開講情報】 Course Information

 

寿司シェフコース、今年10月も開講します!!

 

入試を兼ねたオープンスクールはこちらから

 

2014年8月21日発売「女性セブン」に当校と飾り巻き寿司が紹介されました。

8月21日発売の

「女性セブン」(小学館刊)に、

飾り巻き寿司とJSIAが紹介されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後藤講師が飾り巻き寿司についてお話をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひご覧ください!

★アメリカのキッズにも大人気!Hello Kitty 寿司★

アメリカ東海岸、ノースカロライナで シェフをされているLarry Bondさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京すしアカデミーでプライベートレッスンを受講中です。

 

寿司とハンバーガー 寿司 プラス ハンバーガー をコラボレーションさせた

 

レストランを 今秋にMytle Beachというリゾート地でオープンされる予定ナイフとフォーク

 

こんなおしゃれな店内になるそうです

 

SUSHIはすでにアメリカでも定番のメニューですが ,

 

Larryさんのお住まいの地域の方は

 

まだまだ「生のお魚を食べる」ことに抵抗がある方も多いそう。

 

そこで流行りの寿司と地元の定番ハンバーガーをコラボレーションさせよう、

 

というのがレストランのコンセプトなのだそうです。

 

今回は本場の寿司を改めて研究しようと来日されました。

 

この日Larryさんはアメリカの子供たちにも大人気の

 

キティちゃんHello Kittyキティちゃんの図柄の飾り巻きを習っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンクのソイペーパーで巻いた サーモンの細巻きも

 

可愛くて、お子様に喜ばれそうですね

 

余談ですが、Larryさんがかけているのは 話題の”GoogleGlass”です

 

出来上がったお寿司もこの眼鏡型のハイテクカメラで 撮影されておりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「OKグラス!」と声で指示するだけで撮影できちゃうんですね~

 

アメリカの最新テクノロジーに仰天する すしアカデミースタッフでした!

 

 

 

土日で学ぶ、本格寿司の世界

「寿司の勉強と平日の仕事を両立したい!」

 

 

「自分は寿司の世界でやっていけるのか不安…」

 

 

 

そんなに方は週末1日で1年間、じっくり基礎から学べる

 

 

 

土曜ディプロマコース

 

 

日曜ディプロマコース』 

 

 

がオススメです!

 

 

 

「自分の進路を考えながら、余裕をもって学べる」と

 

 

社会人の方や退職された60代~の方にも人気。

 

 

当校の 村上講師 土日ディプロマコースのおすすめポイントを聞いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

 

 

土日ディプロマコースとはどんなコースですか?

 

 

土曜日または日曜日の週1回の通学で

 

1年間かけて寿司の基礎を学ぶコースです。

 

 

 

寿司シェフコース、平日ディプロマとの違いは何ですか?

 

 

 

土日ディプロマコースは、年齢層が30~60代と他のコースより高めです。

 

また、平日に別の仕事をしていたり、退職後に通っている方もいたりと

 

受講生のバックグラウンドが多様というのもこのコースの特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*実践で握りや接客を学ぶ「カウンター研修」の様子

 

 

どんな方に適したコースですか?

 

 

主に「今の仕事を続けながら学びたい」とか

 

「ちょっとだけ寿司の世界に触れてみたい」という方、

 

「興味はあるけど本当に自分にできるか不安」という方にも

 

向いているコースだと思います。

 

平日ディプロマコースの場合、8週間で修了するため

 

卒業後の明確な目標が決まっている方も多いのですが

 

土日ディプロマコースの場合は

 

これからの進路を1年かけて考えながら通学できる、というメリットもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*課外授業「築地市場見学」の様子(土曜日コースのみ実施)

 

 

土日コースに通学にあたって気をつけるべきことは?

 

 

授業は週1回しかありませんので、復習をきちんと家でやってきてほしいです。

 

しっかり学んだつもりでも翌週になると忘れてしまう、なんていうことも多くあります。

 

どのクラスにも言えることなのですが、

 

どれだけ自主練をしたかが上達の鍵になります。

 

また、受講期間が1年と長いコースですので、

 

「卒業できるか不安」という方もおられるのですが、

 

実は当コースの卒業率はかなり高いです。

 

例えば、2014年2月には15名の受講者のうち14名が卒業しました。

 

講師側も過度のプレッシャーをかけず、楽しい雰囲気で授業を行うなど

 

続けられる環境作りに気をつけています。

 

入学後の心構えとしてはまず、器用とか不器用とかは忘れて

 

初めはとにかく真剣な気持ちで取り組んでほしいです。

 

趣味で取り組むにしてもプロのレベルを超えてしまう人も多いですよね。

 

それくらい一生懸命やれば、身につくものは大きいと思います。

 

せっかくやるならエキスパートを目指してほしい、というのが講師としての本音です。

 

 

 

土日ディプロマコースの受講を検討されている方にメッセージをお願いします。

 

 

 

どんな人にもそれぞれの才能があります。

 

寿司の世界で言ったら、握りより盛り付けが得意な人もいるし、

 

技術がいまひとつでも接客のコミュニケーションが抜群に上手な人もいます。

 

よく、「不器用だから自分には無理だ」と

 

初めから諦めてしまっている人もいるんですが それはもったいない。

 

挑戦したい気持ちがあるなら、一歩踏み出してみてほしいです。

 

どんな方でも、私たち講師陣が得意な分野を見つけてサポートしていきます。

 

加えて、このコースの特徴の一つとしてクラスの連帯感が強いということが挙げられます。

 

1年間の間にバックグラウンドの違いを超えてすごく仲良くなるんですよね。

 

ちょっと続けられないかも…なんて時でも、クラスの帰りに行った飲み会で励まされたりとか。

 

そんな交流ができるのも土日コースの良いところかもしれませんね。

 

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

インタビュー講師プロフィール

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

 

 

村上 文将(むらかみ ふみまさ) 

 

 

すし屋に生まれ、懐石料理店やすし店での勤務を経て、自身でも創作料理店の経営を経験。

 

 

また、タイ・バンコクにて料理指導にも当たっており、様々な経験を元に行う、きめ細やかな指導に定評がある。

 

 

寿司専門調理師、和食専門調理師。

 

 

【コース開講情報】

 

 

土日ディプロマコース 2014年10月開講!

 

土曜コースの詳細はこちら

 

日曜コースの詳細はこちら

 

※定員制のため、ご希望の方はお早めにお問い合わせ下さい。

 

 

卒業生の声 茂木さん(ドイツ・ミュンヘン)

寿司シェフコース 6期卒業生の

 

茂木重太(もぎ じゅうた)さん(33)にお話を伺いました。

 

茂木さんは7月からドイツのミュンヘンで寿司職人として仕事を始めています。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-すしアカデミーに通って良かったと感じるのはどんな事ですか?

 

卒業後、就職した東京の寿司店で、

 

すぐにカウンターに入れてもらえたことですね。

 

 通常、未経験で入った場合は最初ホール(接客)から任され、

 

その後野菜、魚の仕込みなどを経て

 

カウンターに立つまで5年ほどかかることも珍しくないようです。

 

ですが僕の場合はすしアカデミーで基礎を積んでいたので

 

入店と同時に寿司を握らせてもらうことができました。

 

 

 

-寿司職人を目指したきっかけは?

 

前の仕事でよく出張で行っていた

 

フランスで働きたいと思っていました。

 

海外での就職について調べていたところ

 

特にヨーロッパはビザの発給など日本人が働く条件が厳しかったんです。

 

そこで海外就職に有利な職業は、と考えた時に寿司職人の道を選びました。

 

 

 

-ドイツでの就職が決まった経緯を教えてください。

 

卒業後、まずは日本国内の寿司店に就職しました。

 

海外から来るお客様も多い店だったので

 

海外ではどんな味がうけるのか、

 

どんな情報を提供すれば喜ばれるのかといった事を

 

この店で学ぶことができました。

 

僕が東京で勤務している間に、

 

寿司シェフコースの同期である岸本さん

 

先にミュンヘンのレストランで働き始めており、

 

彼の紹介で同じ店で働けることになりました。

 

ミュンヘンのレストランは寿司だけではなく日本食全般を扱っています。

 

自分のキャリアの幅も広がる良い機会だと思っています。

 

 

 

-海外就職を目指す方にアドバイスをお願いします。

 

いま、寿司ブームのおかげで世界中で寿司職人が不足しています

 

個人的感想ですが、ブームに伴って海外での日本人寿司職人の

 

就業条件も年々良くなってきているようにも思います。

 

海外就職を考えている方は、一度寿司職人の道も選択肢に入れられてみても

 

良いのではないかと思います。

 

学校に通学される方は、勉強に集中するのはもちろんですが

 

横のつながりも大事にしてほしいと思います。

 

僕のように同期や先輩から職場の紹介をされることも珍しくないですし

 

卒業後も情報交換も含めて交流を続けてほしいです。

 

また、早い段階で自分の方向性を固めておくことも重要だと思います。

 

一口に寿司職人といっても、海外では寿司以外の知識が求められることも多いです。

 

寿司一本でやっていきたいのか、日本食全般をカバーしたいのか、など

 

就職前にある程度進路を決めておくことをおすすめします。

 

 

 

 

インタビューへのご協力ありがとうございました!

 

学校で寿司の技術を学ぶだけでなく、人脈から

 

ヨーロッパでの就職のチャンスもつかんだ茂木さん。

 

念願の海外就職は、人間関係を大切にしながら努力を続けた結果だったのですね。

 

ミュンヘンでのご活躍をお祈りしております!

 

 

【コース開講情報】 Course Information

 

寿司シェフコース、今年10月も開講します!!

 

入試を兼ねたオープンスクールはこちらから