和食基礎コース「焼鳥」クラス Japanese cuisine basic "Yakitori" class

今年の夏は「和食基礎コース」を開講しています。

 

※7月22日(火)~8月13日(水)に開催

※寿司シェフコース・ディプロマコースの卒業生・在学生限定 

 

We are opening Japanese cuisine basic course this summer.

 

*open 22nd July- 13th Aug, 2014

*Open for those who guraduated / is taking Sushi-chef course or Diploma course

 

 

 

 

 

 

特に海外からの受講生は

 

現地の日本食レストランで寿司以外のメニューを出すため

 

寿司以外の和食を学びたいという方も多いのです。

 

 

Many students who came from abroad

 

want to learn Japanese cuisine apart from Sushi.

 

 

 

 

 

焼鳥は今や寿司と並ぶ勢いで

 

海外でも人気の 和食メニューのひとつです。

 

Now Yakitori is one of the most popular Japanese cuisine as Sushi is.

 

 

 

 

ハンガリーで和食レストランを開く予定の

 

Urbanさん。塩で味付ける焼鳥に挑戦。

 

外国人受講生のほとんどは

 

「タレの焼き鳥」しか食べたことがないということでした!

 

受講生から「タレと塩の違いは何か?」という質問をうけ

 

肉の種類や鮮度によって合わせる味付けが違ってくる、と答える高橋講師。

 

 

Urban, who is planning to open Japanese restaurant in Hungary,

 

cooked salt-flavored Yakitori.

 

Most  foreign students have never tried it!

 

Some student asked teacher about the defference between 

 

salt-flavored and Tare (Yakitori source) -flavored.

 

Teacher answered, “It depends on which parts of chicken you use and how fresh it is.”

 

 

 

 

Davidさんと高橋講師。

 

炭火で焼く意味、返すタイミングなどを熱心に聞いていました。

 

David and teacher Takahashi.

 

David asked about the meaning of using charcoal and timing of turning stick on the grill. 

 

 

 

 

 

この日は仕込みから焼きまで一連の流れを学びました。

 

本格的な炭火焼鳥を、焼き場の実習ができるのは

 

直営店をもつ当校ならではです。

 

Students studied from preparation to grill.

 

Since Tokyo Sushi academy run some Japanese restaurant,

 

students can study full-fledged Japanese cuisine tequnique

 

such as Yakitori.

 

 

 

 

Urbanさん、自作のつくねはいかがでしたか?

 

この後、和食コースでは焼き鳥のほかに

 

うどんや和菓子なども学びます。

 

How was your Tsukune, Urban?

 

The students will study Udon, Japanese sweets and so on.

 

 

 

 


 

【コース開講情報】 Course Information

 

 

10月開講ディプロマコース 外国人ジョイントクラス緊急開講!

 

International class in Diploma course will open from 27th,Oct-19th,Dec.

 

※10月開講外国人ジョイントクラスご希望の方はお早めにお問い合わせ下さい。

 

 

在校生の声 奥野亮さん (アメリカ)

寿司シェフコース8期在学中の奥野亮さん(25)。

 

海外就職の夢実現のため

 

2013年10月から1年制の寿司シェフコースに通学されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業を目前に控えた今月、

アメリカ・ロサンゼルスで寿司職人としての仕事が決定。

 

おめでとうございます!

 

 

小さい頃にアメリカに住んでいた経験から

 

いつかは海外で働きたいという夢をもっていた奥野さん。

 

大学卒業後に一般企業に就職活動もしてみましたが

 

「どれもやりたいこととは違う」と感じ寿司職人の道を目指しました。

 

「日本人の自分だからできる仕事がしたかった」という奥野さん。

 

 

 

 

アメリカに進出する寿司レストランの立ち上げメンバーとして活躍される予定です。

 

 

 夢を現実にするには行動あるのみ!!

 

本当の活躍はこれからです。

 

スタッフ一同、ご活躍を応援しております!

 

 

【コース開講情報】 Course Information

 

奥野さんが通われている寿司シェフコース、今年10月も開講します!!

 

入試を兼ねたオープンスクールはこちらから

 

外国人ジョイントクラススタート!International student class has started!

7月7日から、外国人ジョイントクラス(ディプロマコース)がスタートしています。

 

およそ3ヶ月に1回開催されるこのコースは

 

日本人と外国人半数ずつ参加し、授業は日本語と英語両方で行われます。

 

今回は11カ国から受講生が集まりました。

 

料理初体験の方から現役のシェフまで様々なレベルの受講生が在籍しています。

 

 

International student class(Diploma course) has started on July 7th.

 

 This course usually opens once in three months,

 

 and its class are conducted  in both Japanese and English.

 

Students come from 11 foreign countries.

 

This class is for a wide range of skill levels from beginners to professional chefs.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は玉子焼きの授業にお邪魔してきました!

 

「玉子焼き(和式オムレツ)」を作るのはこれが初めてという受講生がほとんどです。

 

まずは講師が実践して教えます。

 

 

 Today I joined the “Japanese omelette” class!

 

Most students cooked “Japanese omelette” for the first time.

 

Teacher demonstrates before students cook.

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれっ、先生が焼くのとは勝手が違う!?

 

玉子焼きと格闘中のMariaさんです。

 

 

Woops! It’s different from what teacher did!

 

Maria is struggling  with the omelette .

 

 

 

 

Mariaさん、授業を受けてみていかがですか?

 

「楽しいですが難しいですね!すでに指は何回か切っています。」

 

名誉の傷を負った親指を見せてくれました。

 

How is the class so far , Maria?

 

“It’s fun, but hard! I already cut my finger several times”

 

She showed me her wounded thumb.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Danielさんの玉子焼き。

 

上手に出来ました。

 

う~ん、出来立ての玉子焼きはホカホカでおいしそう!!

 

 

This is Daniel’s Omelette.

 

Good job!

 

Hmmm, fresh cooked dish looks so good!!

 

 

 

 

 

 

あっ、一部では玉子焼きの一部が落下する事件もおきています!
 
Oops! This is accidental falling of Omelette!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スウェーデン人のUrbanさん、

 

ハンガリーで寿司店を開く予定です。

 

スウェーデンではすでに寿司市場が大きくなっていますが

 

ハンガリーにはまだ少なく、チャンスが多いと考えています。

 

 

Urban , from Sweden is 

 

planning to open Sushi restaurant in Hungary.

 

Sushi market has already expanded in Sweden

 

however he thinks Hungary still has huge opportunity

 

since there are few Sushi  restaurants yet.

 

 

 

 

こちらのRichardさんは

 

「なぜ便利なフライ返しがあるのにわざわざ古典的な箸を使うのか?」 と

 

疑問に思っています。

 

「道具ではなくて人の技術のほうが大切だからです」と答える後藤講師。

 

 

Richard has a questions that

 

“Why do I have to use classical chopsticks instead of convenient turner?”

 

Teacher Goto answered,

 

“Because the technique of human is

 

more important than technique of tools.”

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんの挑戦はあと6週間続きます!!

 

難しいことでもきっと9月の卒業までには今より身についているはず!

 

頑張ってくださいね。

 

 

Their challenge will continue for 6 weeks more!

 

The students will gain skills from hard training till graduation in September!

 

Good luck guys!!

 

 


 

【コース開講情報】 Course Information

 

 

10月開講ディプロマコース 外国人ジョイントクラス緊急開講!

 

International class in Diploma course will open from 27th,Oct-19th,Dec.

 

※10月開講外国人ジョイントクラスご希望の方はお早めにお問い合わせ下さい。

 

 

コミック乱ツインズ「すしいち」の監修をしました。

コミック乱ツインズ2014年8月号(リイド社刊)

「すしいち」の監修を当校がおこないました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業生の声 ディプロマコース116期 伊賀久高さん

2ヶ月のディプロマコースを修了された、

 

伊賀久高さん(58)に再度インタビューしました。

 

36年勤務したメーカーを退職後、寿司の世界をのぞいてみようと、

 

ディプロマコースを受講。

 

入学間もない頃のインタビューでも寿司への意気込みを

 

語っていただきましたが、ついに卒業のときを迎えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-8週間を振り返ってみていかがでしたか?

 

一つ一つの技術が想像以上に奥深かったです。

 

捌く、切る、握る、盛りつける、どの技術も習得するのは

 

楽ではないのですが、まさにこれが寿司の世界。

 

寿司の世界はエンターテイメントなのだと思います。

 

たとえば刺身の切り方ひとつでも、

 

素人とプロでは魚の断面が全く違うものになるんです。

 

美しい刺身ひとつを切り出すにもかなりの修行が必要

 

寿司の世界はそういった技術と訓練の集大成なんだと思います」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-今後は東京すしアカデミーで学んだことを

 

どう活かしていかれたいですか?

 

今回のように飲食業界に触れた経験はもちろん、

 

人を相手にどうやってサービスで魅せるかという事を

 

考えるきっかけになったと思います。

 

私は36年間、日本製品を海外へ紹介し、

 

世界一のビジネスにしてきました。

 

寿司も海外に広めるべきMade in Japan と思っています。

 

日本製品のような繊細な寿司を職人の温かいオモテナシで世界に紹介したいですね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、ご家族との団欒や外国からのお客さんをもてなすのに

 

寿司を振舞いたいと語っていた伊賀さん、

 

これからのプライベートでお寿司を囲む時間も楽しみにされています。

 

さらにこの後、飾り巻き寿司の講座

 

プライベートレッスンといった当校の別講座にも通学予定とのこと。

 

まだまだ寿司の世界で、伊賀さんの修行は続きそうです。

 

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 

 

 

【コース開講情報】

 

寿司シェフコース(1年制) 10月生募集中!

 

 江戸前寿司ディプロマコース(8週間) 9月生募集中!

 

 江戸前寿司ディプロマコース(土曜日) 10月生募集中!

 

 江戸前寿司ディプロマコース(日曜日) 10月生募集中!

 

 お早めのお申込をおすすめします。