卒業生の声 西川大輔さん(チリ・プエルトモン) 旧Diplomaコース 

卒業生の声、今回はチリのプエルトモンで日本食レストランを経営している、
西川さんにお話を伺いました。
現在お店を拡大の為、リニューアル工事中とのことです!

また、以前、一時帰国の際に東京すしアカデミーで在校生に向けて海外での飲食店経営や
チリを含む南米の動向に関して説明会を開いて下さった西川さん。
今回のインタビューにも快く答えて下さいました!

 

■西川大輔さんの卒業後の活躍についてお話しを伺いました。

 

 

西川大輔さん ( 36歳)
和食レストラン「大和」経営

【経歴】
北海道大学院卒業
新東京インターナショナル就職
新東京インターナショナル就職中にチリ支局に駐在
新東京インターナショナル退職
東京すしアカデミーですしを学ぶ
東京の回転ずし屋でバイト
チリにわたり和食レストラン「大和」開店
現在に至る
滞在歴 計10年

 

 

— チリに滞在することになった経緯を教えて下さい。 —

 

前職で駐在員としてチリに滞在していた事がきっかけになりました。

 

 

— すしシェフを目指したきっかけを教えて下さい。 —

 

現地ではあまりにも寿司とかけ離れたものがSushiとしてまかり通っており、 日本人として許せなく感じたからです。

 

 

— 東京すしアカデミーで何を一番に学びましたか? —

 

衛生面や魚の扱い方など飲食の経験がないと見落としがちな細かい気配りをしっかりと学びました。

 

 

— 現在の職を得るまでに苦労したことを教えて下さい。—

 

言語や現地の文化になれることです。

 

 

—現地のお客さんが持つ寿司や日本食、日本文化に対する感想・思いを
(なぜ好きか、何に関心があるかなど) 教えて下さい。—

 

日本文化に対するリスペクトは大きいですが、食文化に対してはかなり間違って伝わっています。

 

 

— 現地来店客の横顔(年齢、職業、性別など)を教えて下さい。 —

 

会社の経営者やマネージャークラスが大半です。

 

 

— 現地で人気のすしメニューや日本食メニューを教えて下さい。—

 

当店では海鮮どんぶり(日本円で800円~1000円)が売れています。

 

 

— やり甲斐や楽しさを感じるときはどういう時ですか?—

 

お客さんが常連になってくれて、カウンターに座ってくれるようになり一緒に話をするときです。

 

 

— これからやりたいこと、夢などあれば教えて下さい。 —

 

レストランだけではなく現地で食材の卸の仕事や日本を含む様々な国との貿易業務にも携わりたいです。
また2010年〜は、店以外に前職で携わっていたチリのサーモンの貿易にも再びかかわっています。

最後に、店を始めて未だに自分の中で迷いがあることは、
自分が作りたいものをお客さんに食べてもらえるように工夫するのか、
それともお客さんが求めているも のを作るのか、という点です。
後者の方を選びだすと短いスパンで考えると儲かると思いますが、
それでは日本で寿司を勉強してきた日本人という利点が
無駄になってしまうような気がして日々葛藤しております。

 

 


日本の本物の食文化を世界中の多くの人々に知ってもらうために
西川さんが日々精進なさっているところが目に浮かびます。
西川さん、これからも頑張って下さい!

ご協力ありがとうございました!

 

 

【築地市場見学】築地市場が扇型なのはなぜ?

世界最大の卸売市場、東京の築地市場

特に魚の卸売市場として有名ですよね。

東京すしアカデミーの2ヶ月制Diplomaコースでは

毎回築地市場見学を行なっています。

今回はその築地市場見学の様子をお伝えしたいと思います。

案内してくれるのは、築地でセリ人を35年以上勤めていた石井講師。

実は石井講師もこの2ヶ月制Diplomaコースの卒業生なんです。

現在は長年の経験を活かし、東京すしアカデミーの築地市場関連の講座を

客員講師として担当しています。

 

許可を得て普段は入ることのできない場所も見る事ができること、

35年のキャリアを誇る石井講師の詳しい説明を聞くことが出来るのも

東京すしアカデミー生の特権です!

今回、石井講師の数ある説明の中から、

この広報ブログでは築地市場の構造についてお伝えしたい思います。


こちら築地市場を少し上から見た写真です。

ご覧いただくと屋根が扇型になっていますよね。

実はこちらは約40年前までは「列車」が走っていた名残なのです。

長い列車を停車させて効率良く荷降ろしをするため、

このような扇型の建築構造が採用されました。

その後は高速道路の整備に伴って物流の主流がトラックへと移り、

1987年には線路も撤去され、現在の様な築地市場となりました。

かつて列車が走っていた事を彷彿とさせる跡地も、

今回の見学で訪れることができました。

築地で働く方の中には、いまだにここを『ホーム』と呼ぶ方も少なくないのだとか。

アメリカから受講しに来ているグレンダンさんも、

「たくさん歩いて疲れたけれど、石井さんが熱心に色々と教えてくれて面白かった。

こんなに大きな市場は築地ならではだね!」と話してくれました。

日本全国、そして世界各地からの水産物が集まる築地市場。

ここから様々な場所へと運ばれ、私たちの口へとたどり着くのですね!

東京すしアカデミーの授業を体験してみたい!という方は、

無料スペシャルセミナー『行列の出来るすし店開業プロジェクト』へ!

1年制・寿司シェフコースの客員講師を務める松下講師が、

お客様を「幸せな気持ち」にさせる、飲食店作りの秘訣とは?をテーマにお話します。

 

2013年7月15日の日経ビジネスでシンガポール校が紹介されました。

 

 

 

a

 世界を席巻する日本食ブーム」と題して、 世界中で加速する日本食の人気を特集しています。
 その中で今年4月に開講したばかりの 東京すしアカデミー・シンガポール校も紹介されました。
 シンガポール校では英語で授業を行なっており、
 寿司・日本食を学びたいという外国人が多く受講しております。
 また、東南アジアで就職考えられている方や、
 お寿司の技術とともに英語も学びたいという日本人受講生にも人気のコースです。

食べるのが大好き!シンガポールの『食』

 

こんにちは!シンガポール通信第3号です。

 

シンガポールは暑いとか赤道直下だとか言われますが、

先週日本に戻りましたら、日本の夏のほうが全然暑かったです。。

短パンTシャツ姿でもシンガポールより暑かったので、
これがスーツなら。。(( ;゜Д゜))ブルブル
 

さて、今週ですが、シンガポールの食についてお伝えしたいと思います!

と書きましたが、「シンガポール料理」って何があったっけ・・・? 

という方、多いのではないでしょうか。
 
かくいう私も、その一人でした。

シンガポールに行く時点で「シンガポールの食」
と聞いて思いつくのは、「チキンライス」のみ。
 
正直なところ、まったく期待してませんでした。

旅行ガイドにある「美食の街」という単語をみても、
観光ガイドはあてにならん、

「おしゃれの店」にお洒落な服がないのと同じじゃ、
と一人突っ込んでたわけです。
 

ところが、実際に来てみると、、、これがイケてるんです、シンガポール飯。


これは、期待値が低かったせいなのだろうか?
と思わず考えてしまいます。
 
昔、ドイツ人に「ソーセージとパンと芋しかなくて微妙」と話したとき、

「住んでみればその奥深さがわかる」と返され、
実際その通りだったことを思い出します。

逆に、
イタリア旅行であまり食事が美味しくなかった思い出がある人もいるでしょう。

これは逆で、期待値が高かったためです。

 

ともかく、まさか国を挙げての期待値コントロールか?

疑ってしまうくらい上がり幅が大きいわけです。

 
どんな料理が美味しいか?特にローカルの庶民的な食事が美味いです(B級グルメ派)。
 
ちなみに、外国人も非常に多いため(約500万人のうち約100万人)、

各国料理もかなり充実しています。


日本料理も大人気ですが、他にもイタリアン、フレンチ、
スパニッシュはじめ、

韓国料理、ペルシャ料理やアフリカの料理に至るまで、

各種のレストランがあり、飽きません。(ただし結構高い)

 

シンガポールのローカルな料理ですが、移民国家であることもあり、


中国(福建)、マレー、
インドの食のベースの上に成り立っています。

中国料理をベースにしつつ、
スパイシーな仕上がりになっているものが多い、そんな感じです。
 
シンガポールは、もともとは旧英国領、そして戦後リ・クアンユー首相の元、1965年に独立以来、

日本を上回る奇跡的成長を果たした国ですが、「質実剛健」
極論すれば「文化よりもまず経済」、

というトーンで国家運営されてきました(
最近はだいぶ変わってきていますが)。
 
それが、食においても、過度に派手でなく、
素朴で美味しい料理が今も残っている、

逆に、認知されやすい「シンガポール料理」というものが、
ない理由かもしれません。
 

そして、シンガポール人は食べるのが大好きです。


一番の趣味は間違いなく「食事」でしょう(2番目はおそらく「
旅行」)。
 
どこのレストランも人でいっぱい、そして、三食以外にもお茶したり、おやつを食べたり。

ついつい付き合っていると、太ってしまいそうです。。。
 
日本のように、立ち食いそばで掻き込んで、、、というのはまずなく、

大事な時間として過ごしている人が多いように感じます。

これも近年、
忙しい方向に変わってきているのではないかと思いますが、

個人的には、変わらないで欲しい、と強く思います。
 

長くなってしまいましたので次回にシンガポールの食べ物(各論)について書きます!

それでは!

    ◇◆8月コース最終募集中◆◇

シンガポール校各種講座のスケジュールはこちらより

 

タコの戦時中の使用方法とは?

気温も上がり、夏本番ですね!!

これからまだまだ暑い日が続き、夏バテにも注意が必要です。

そんな夏バテ予防に効くのが、タコ

タコに多く含まれるタウリンは疲労回復に効果があり

最近はダイエット効果もあると注目されています。

先日は東京すしアカデミーの

1年制・寿司シェフコースでもタコの授業がありました。

このように酸素を送る事のできる機械とともに学校にやって来るので、

生徒たちは活きたままのタコをさばいていきます。

 

とても活きのいいタコ達。

暴れるタコをさばいていくのは結構難しく、コツが要ります。

何と、この状態↓になってもまだ動いていました。

タコのその疲労回復効果を利用したのが、日本海軍

第二次世界大戦の間、海軍ではタコの煮汁を全国のタコ加工工場から回収し、

兵士達に飲ませていたんだそうです。

「デビルフィッシュ」と呼ばれていたこともあり、

現在でも欧米の一部の地域ではあまり食べられることのないタコですが、

栄養価も高く、お寿司には欠かせない食材です!