卒業生の声 木下陽子さん(スイス・チューリッヒ) 旧Diplomaコース

■木下陽子さんの卒業後の活躍についてお話を伺いました。

2005年に東京すしアカデミーを卒業し、
その後ご主人の母国であるスイスに移住された木下さん。
現在はご自宅で寿司教室を開催し、またケータリング業もこなしていらっしゃいます。

物価が高いことで有名なスイス。
回転寿司の1皿の値段は何と!・・・そちらはインタビュー本文で紹介しています。
スイスの寿司事情とともに木下さんの寿司教室に関しても詳しくお聞きしました。
是非ご覧ください!



 

 

    自己紹介をお願いいたします

木下陽子と申します。
現在は主に自営で自宅での寿司教室とケータリング業をやっております。
2005年まで外資系IT企業にてコンサルタントをしており、
その後スイス・チューリヒ州に滞在しております。

-  スイスに滞在することになった経緯を教えて下さい

スイス人と結婚することにしたのですが、決断前は、日本での仕事も充実していたので、
仕事をやめるのを躊躇していた時期もありました。
反面、その仕事は海外を含め出張が多く、続けていたら家庭を持つことは難しいだろうとも感じていたので、
遠距離恋愛から30代半ばで移住を決心しました。

–       寿司を学ぶきっかけは何だったのですか?

海外にいると「日本人だったら、寿司作ってよ。」と言われることが多いのですが、
実際に作ってみたら思うようにいかず、
寿司位ある程度作れるようになりたいと前々から思っていたので移住前に学ぶことにしました。

-   東京すしアカデミーで一番どんなことを学ぶことが出来たと思いますか?

テクニックはもちろん、衛生面等を学べたのは大きかったと思います。
学んだことも大切ですが、一番大きいのは、
「自己流でなく、寿司アカデミーで学んだんだから自信をもって教えていいんだ」と
自分に言い聞かせることができることかもしれません。

-   現在の職を得るまでに苦労したことはありますか?

基本は自宅での教室開催なのでスタートはしやすかったですが、
最初の3年は口コミと日本語ブログだけの集客でしたので
ある程度、コンスタントに生徒さんが来てくれるまで3年半位かかりました。

3か国語(ドイツ語、英語、日本語対応)のウェブサイトを作ってからは
半年くらいで週末クラスが埋まるようになりました。

それから、スタート当初は子供が小さかったので、保育園に預けたのですが、
保育料が高額で、殆ど利益がありませんでした。
(子供一人を毎日、終日預けると、月に約2000フラン(20万円)かそれ以上は必要です。)
同じ物価高の北欧のある国は保育料は無料と聞きますから、
ヨーロッパと言っても、子育てしながら働く事情は色々だと思います。

子供がお昼ご飯に家に帰ってくる事情などあって、スイスは専業主婦が多いです。
寿司バー等で働く場合、小さいお子さんのいらっしゃる方は、夜や週末に働くか、
もしくはおじいちゃん、おばあちゃんに子供を預けて平日に働いている方が多いのかもしれません。

でも、なんと言っても、寿司教室の場合、一番大変なのは言葉です。
スイスのドイツ語圏に住んでいるのですが、都市部は特に外国人率が高く、ドイツ語を話さない方も多いです。
一方、スイス人同志は、スイスドイツ語というドイツ人にも通じない言葉を話します。
(私も未だによく理解できません。)
その為参加者によるのですが、クラスは英語とドイツ語の二本立てで行うこともあります。

-  現地の生徒の方は寿司や日本食を習いに来るきっかけは何かあるのですか?

外で食べると高いので家で作りたいと言って教室に来られる方が多いです。
というのも、スイスはビックマックが世界一高いと言われている国で、
外食自体が非常に高いのですが、寿司はさらに高いというイメージがあります。
回転ずしでも一皿800円から1300円位かかります。
しかし、敷居が高いわけでなく、
回転ずしチェーン等はポップな日本のコミックのイメージを意識した内装だったりして
若者も入りやすい印象です。

包丁や砥石にはかなり興味があるようです。かなり知識がある人もいます。

-  どのような生徒さんが多いのですか?

出張や会議などで、日本に行ったことがある方が意外に多いです。
旅先のアメリカで寿司を食べてみて寿司の美味しさに目覚めたという方もいらっしゃいます。
年齢的には20代後半から40代後半くらいで、
職業的には銀行勤め、IT関係、エンジニア等が多いです。
あと、BIO(オーガニック)商品も人気で、ベジタリアンが多いのにはビックリします。

–   人気のある講座を教えて下さい。

初心者にも簡単にできる裏巻き寿司のクラスと一日集中クラスが人気です。

その他にもこんなコースもあります。
(1)      不器用だと思っていらっしゃる方は、まず手まり寿司や軍艦寿司に挑戦して頂きたいです。
       http://sushiswiss.exblog.jp/18418965/
(2)      外国人のパートナーがお魚を食べられない場合はお肉のみの講座をお勧めします。
       http://sushiswiss.exblog.jp/18324465/
(3)      お野菜のみの寿司教室もあります。
       http://sushiswiss.exblog.jp/18356656/

-  現地でお勧めのすし店を教えて下さい。

手前味噌になりますが、私の寿司ケータリングです。
今まで食べたお寿司で一番美味しいと言われると本当にやってて良かったと思います。
   寿司陽子 http://www.sushi-yoko.ch/?lang=ja

-  スイスで発見した変わり寿司はありますか?
 
もう変わり寿司と言わないかもしれませんが、
白のソイシートに緑のハーブが透けて見える海苔を使わない巻き寿司は
近くの寿司バーでは定番になった感があります。

-  やり甲斐や楽しさを感じる時はそのような時ですか?

教室で、受講者の方が、
「こんな美味しい寿司、食べたことがない。センセーショナル~だ」とか
「自分でも本当にお寿司ができた!」驚嘆してくださる時、本当に飛び上るほど嬉しいです。

-  これからやりたいこと、夢を教えて下さい。

日本食イコールお寿司と思っていらっしゃる方が多いので、
和食も美味しいんだということをより多くの人に知ってもらいたいです。
日本人がパスタを自宅で作るように、
スイスの方が、自宅でお寿司や和食も作ってもらえるようになったら素晴らしいと思います。

先日、ホームページを見てモナコ在住の方が、
スイスまで教室に来てくださった時は、ネットの威力を感じました。
これからも色々情報を発信して、スイスに限らず、
より多くの方とお寿司や和食を作る楽しさを共有したいです。

——————————————————————————————————————————————-

キャリアウーマンから寿司シェフへ華麗に転身し、
お仕事にプライベートに活き活きと過ごしていらっしゃる姿が目に浮かびます。
飾り巻き寿司インストラクターの資格も取得されており、
一時帰国の際には会員限定講座を受講されている木下さん。

今後もまた素敵な報告をお待ちしております。
インタビューにご協力頂き、ありがとうございました!

2013年5月29日の東京新聞にコメントが掲載されました。

5月29日の東京新聞 朝刊に東京すしアカデミー校長・福江のコメントが掲載されました。

ポップカルチャーや日本食など、日本が誇る文化を海外へ売り込む

政府のクールジャパン推進会議において、

28日に行動計画が決定されました。

その中には料理人や日本食に精通する「食の伝道師」を育成し、

海外のイベントなどに派遣することなどが明記されています。

福岡テレビ「めんたいワイド」で紹介されます!

本日放送の福岡テレビ「めんたいワイド」にて

当校の2ヶ月間Diplomaコースの模様が紹介されます。

こちらのコースでは、1月と7月期のみ海外からの生徒も受け入れ、

日本語に加えて英語での授業を行なっています。


~卒業式の様子はこちらの記事より~

今回は今年1月からのDiplomaコースに在籍していた

スペイン人女性シェフ、カロリーナさんと、


日本人の奥様を持つハワイ出身のグレゴリーさんに完全密着!

江戸前寿司の本場、東京の地で寿司の技術習得に燃えた

2ヶ月間の模様をたっぷりお届けします!

是非ご覧ください!!

【放送情報】

福岡テレビ「めんたいワイド」
5月23日(木)17時台
 ※ニュース番組のため、放送内容が急遽変更になる可能性があります。


大人気で9月開講のコースも残席僅かの「江戸前寿司Diplomaコース」


詳細はこちらよりご覧ください!

食べ物がない時代に誕生した、愛知県のご当地寿司とは?

江戸前寿司の本場、国内では東京でのみ開校している東京すしアカデミー。

しかし通っていらっしゃる方の出身地は

実に北は北海道から南は沖縄まで日本各地。

そこで!

東京すしアカデミーでは各都市を廻り、学校説明会を行なっています。

5月11日(土)は大阪、12日(日)は名古屋にて

大変多くの方にご参加頂きました。

 


関西、特に大阪の郷土料理として知られるのは、

「バッテラ」をはじめとする箱寿司。

~東と西で異なる寿司飯の味に関してはこちらの記事を御覧ください~

では愛知県のご当地寿司は!?

それは稲荷寿司

稲荷寿司誕生の地として有力な説のひとつが、愛知県豊川市とされています。

遡ること約200年。

天保の大飢餓の頃に生み出されたのだそうです。

豊川稲荷に備えてあった豆腐の稲荷揚げ。

食べ物がなかった当時、

お供え物であった油揚げの中にご飯を詰めて食べたのが始まりとされています。

 

 

 


大変な時代に今でもなお親しまれるこの稲荷寿司は誕生したのですね。


来月6月1日(土)には福岡でも東京すしアカデミーの学校説明会を開催致します。

お近くの方は是非この機会にご参加下さい!

詳細・お申込みはこちらり。

海外で感じたのは、自分次第で広がる無限の可能性!

 

 


東京すしアカデミーでは国内の2店に加え、海外にも直営店を構えています。

昨年オープンした中国は広州にある「誠寿司」

写真にもあるように赤い看板が目印のこちらの店舗の立ち上げに携わっていた、

東講師が今春帰国し、また東京すしアカデミーで教鞭を執ることとなりました。

約1年の海外勤務の経験を活かしこれからまた更に熱い!授業をしてくれることでしょう。

今回はそんな東講師にインタビューしました!

 

 

 

■東講師の経歴

東京の老舗すし店で11年勤務、店長・板長を務める。

2011年東京すしアカデミーに入社。

東京すしアカデミーの直営店と教室にて寿司和食の技術指導を行う

2012年3月東京すしアカデミーの海外直営店 誠寿司 広州店  の立ち上げに携わる。

言葉の壁を越えて、中国人スタッフの技術指導、メニュー開発などに貢献し、2013年3月帰国。

2013年4月より東京すしアカデミー講師として就任。

 

— お寿司職人を目指すきっかけは何だったのですか? —

 

海産物が豊富な大分県で育ち、魚が好きでお寿司屋さんでアルバイトをしたりしていました。

学校卒業の時にそこの親父さんがカウンターに招待してくれて、

この道をもっと詳しく知りたいと思うようになり、本場江戸前寿司の技術を習得するために上京して来ました。

 

 

 

— 広州の店舗の様子を教えて下さい。—

 

広州だけでなく、中国では寿司専門店というのは少なく、総合和食店がほとんどです。

その為扱うメニューの数がとても多いです。

寿司ネタで人気があるのは、サーモン・マグロ(特にトロ)・ホッキ貝・ウニといったところですね。

誠寿司・広州店のお客様は、客層は幅広いですが、7:3の割合で中国の方が多いのが特徴です。

 

 

— 中国で苦労したことはありますか? —

 

日本の当たり前が海外の当たり前とはかけ離れているので、苦労したことは多々ありました。

文化の面での違いには戸惑いましたね。

また、食材に関して流通や輸入の制限があるので、材料調達にも苦労しました。

後、注意して欲しいのは調味料の偽物が多いことです。

業者自体が知らずに仕入れている場合もあり、味がかなり違うので、絶対に確認することをオススメします。

 

 

— 印象的な出来事はありましたか? —

 

皆さんご存知の通り、中国には歴史的な背景で反日感情があるのは事実です。

信用されるまでに時間はかかるかも知れませんが、中には家族ぐるみで仲良くなった方もいました。

やはり人との触れ合いは思い出に残りますし、とても良い経験ができたと思っています。

また、中国の方がとても器用なのには驚きました。

貪欲に技術習得に励む姿は印象的でしたね。

 

 

 

— 海外で寿司シェフとして活躍するのに必要だと思うことは何ですか? —

 

ズバリ、「柔軟性とやる気」ですね。

雇用する側としては、仕事は出来るに越したことはないですが、

それより何より「ここでやっていく!」というやる気のある人が欲しいのです。

日本の人であれ、外国の人であれ、それは同じです。

 

 

 

— 海外で働くことの醍醐味はなんだと思いますか? —

 

海外への壁がなくなったことです。

そして自分の視野や世界観が広がりました。

海外に行ってみてわかったことは、自分から動いていけば色々な繋がりはいくらでも作れるということです。

自分次第で道がどんどん広がっていくのは面白いですね。

 

 

 

— これから寿司シェフを目指す方へメッセージをお願いします。 —

 

海外どこの国の人でも求めているのはやる気のある人。

自分の目標を明確にして、「ここでやるんだ!」という気持ちを持って頑張って欲しいと思います。

世界の寿司シェフへの需要の高さを実際に海外に行って実感して来ました。

”日本の寿司を 世界へ” 一緒に広めていきましょう!

 

 

 


 

いつも情熱的な東講師。

「この道でやっていくんだ!」という本気の姿勢が、

自分を成長させ、周りの人々も動かしていくということなのですね!

無限の可能性を秘めた東京すしアカデミーの生徒にも、

その思いを受け継いでいって欲しいと思います!

「全くの未経験者でも世界に通用する寿司シェフとして海外へ」

1年制 寿司シェフコースの詳細はこちら