卒業生の声 佐藤秀和さん(ドイツ・ニュルンベルク)  寿司シェフコース

 

■前回、在校生の時にインタビューに答えていただいた佐藤秀和さんの卒業後の活躍についてお話しを伺いました。

 

— いま、どちらに住んでいますか? —

 

ドイツの南部にあります、ニュルンベルクという都市の 『ヒロ坂尾』という店で働いています。

 

 

— 今の1日の流れを教えていただけますか。—

 

出勤がだいたい午前10時くらいです。

昼間は、営業はしていますが自分はその時間は裏の仕込みの方を担当しています。
野菜、キュウリやアボガド、大根、ツマなどの材料を仕込みます。

あとは週に3回、魚が届きます。
現在、店で扱っているのは5kgクラスの大きなサーモン(生)とヒラメとタイとスズキです。

特にサーモンは1回に20匹ぐらい、非常に大きい発泡スチロールで来るので、そのウロコを取るところから始まり、 捌いて、寿司にしたり加工したりの作業をします。

このような流れで昼間は基本的に仕込み関係の仕事をし、休憩を挟んで夜営業の時間になると、自分も実際に寿司バーに立ちます。

カウンターに立つと、そこではお客さんと目線が同じなので最初はすごく緊張しました。

けれど逆に目線が同じなので、お客さんも一生懸命に見て下さったりフランクに話しかけて下さいます。

自分は英語もドイツ語もまだまだ上達してないので、あまり流暢な会話はできませんが、「これは何ですか?」と言われて、 『これはガリで、ジンジャーをスライスして……』など、そういった簡単な説明などの話をします。

非常に忙しいですが、握ったり、巻いたり、切ったりなど、いわゆる一連の「カウンターの仕事」を楽しみながらやらせていただいています。

そして、そのまま夜の仕事を終了して、賄いを食べて、挨拶して帰宅といった感じです。

 

 

— 大変ですが充実した生活を送られているということですね。—

 

そうですね。とても充実していると思います。

 

 

— 日本の職場と違うところは?—

 

仕事を楽しくやらせてもらっています。
自分にとってはそこが日本と違うところじゃないでしょうか。

仕事がすごく忙しい中でも、何かしら楽しいことを見つけやすいというか…
日本にありそうなギスギスしたものがないですね。

注文に追われたりとか、ものすごく伝票がたまったとか、もうどうしようもないって事もあるのですが、 それでも仕事は仕事としてこなして、メリハリのついた毎日が楽しく思えます。

流暢に話せなくともスタッフ同士のちょっとしたユーモアある会話ですとか、 忙しい中でも、笑いがあり、非常に楽しく仕事をさせてもらっています。

 

 

— お寿司の道に進んで本当に良かったと思うことはありますか?—

 

ふとした時にこう、寿司バーに立っている自分をかえりみて、「1年前に思っていた理想の姿だ」って思いました。

東京すしアカデミーに入学するって決めた時、あるいは入学して練習している時に、自分の理想像通りになったと 思いました。

その理想像というのは、 海外の、外国人の方がいっぱいいらっしゃるお寿司屋さんで、すごい賑やかな感じで、お店の中もオーナーの方の趣味で、 お花がキレイに飾ってあったりしてすごいキレイなんです。

そういった雰囲気の中で、自分が実際に寿司バーに立って、握って、切ってる。
…という風にやっているのを、

「これって……自分が前に夢見てた、姿だなあ」
「こういう風になったんだなあ」

そう思った時は、すごく嬉しかったです。

 

 

— 佐藤さんの今後の夢を聞かせてください。—

 

この東京すしアカデミーにいた頃からの目標なのですが、自分はもともと音楽が好きで、バンドをやっていた事もありますから、 ドイツにライブハウス、ライブスペースのあるレストランを作りたいです。

やっぱり自分の店を持ちたいというのは、こういう仕事をしていたら絶対に皆さん考えることだと思います。

その中で、自分ならではの…と言うか、自分は音楽をやってきたし、ドイツにも少なからず、そういう仲間はいますから。

そういった人たちが交流できる場を作れるように、将来へ向けて頑張っていきたいと思ってます。

 

 

— 最後に、後輩の皆さんにメッセージをお願いします。—

 

卒業証書っていう、紙切れ1枚なのですが、日本の寿司の学校の卒業証書という物の「海外での威力」はとてもすごいです。
本当に、それ1枚あるだけで人生の道が開けます。

自分からはそれだけですが、とても重要な事だと思います。

 

 

— これからも夢に向けてがんばってください。
また次回の帰国時には学校に遊びに来て、またメッセージをお願いします。—

 

さらにステップアップした自分の姿を見せられるようにがんばります。

 

 

— 今日は空港から直行で来ていただいて、ありがとうございました。—

 

はい、30時間ぐらい起きてます(笑)

 

 

→佐藤さんの在学中のインタビューはコチラ

 

 

シンガポール校まもなく開校いたします。


日本で唯一の寿司職人養成スクール 東京すしアカデミー

海外就職 海外起業のブームは、アジアにあり

シンガポール校まもなく開校いたします。

http://www.sushiacademy.co.jp

——————————————————————————————————————————–

2012 年9月現在、1,600人超の卒業生を輩出している寿司職人養成スクール
東京すしアカデミー(東京すしアカデミー株式会社 代表:福江誠、本社:東京都新宿区)が、まもなくシンガポールに寿司の学校をスタートします。
今アジアに来ている寿司 和食ブーム。
海外就職 海外起業もアジアに集中してきています。

 

 

【日本人の若者の海外志向が現象 傾向にある中、学内の海外志向は90%以上】

2002 年開講当時は、たった定員8名の受講生しか受け入れていなかった寺子屋式の寿司教室東京すしアカデミーですが、
現在は随時 在校生約120名余り、日々たくさんの 生徒が寿司を学んでいます。

特に、2010年4月より開講したスシシェフコースは、より本格的に学びたいという若い日本人受講生が多く受講しています。

東京すしアカデミーの受講生は年齢問わず海外志向が強いのが特徴。学内は海外志向90%以上です。

 

 

【寿司 和食ブームは、アジアにあり!海外での研修の強化 更に海外校もいよいよスタート】

卒業生の就職希望 海外起業志望国は、時代とともに変化してきています。

2002年開校当時はアメリカ人気はダントツでしたが、2005年~は、オセアニア、更に ヨーロッパ へと人気が高まっています。
また、以前はアジア希望という人はごく限られておりましたが、昨年の震災の影響はあったもののアジアでの寿司 和食ブームで、海外就職 そして 海外起業希望者が増えて来ています。

東京すしアカデミー卒業生では、既に、ベトナム 台湾 カンボジア 中国(上海 香 港)などでも卒業生が海外就職 海外起業をしています。

東京すしアカデミーも、東京で2店舗 そして 海外中国 広州で、1店舗 直営店を展開しております。
現在、1年コース スシシェフコースの卒業生が日本での研修を経て、中国 広州の直営店で研修中。
研修後は、更なる海外就職を目指します。

さらに、日本人以外の受講生も多く受け入れている東京すしアカデミーの受講生にも変化があらわれています。

今までは中国系の受講生が皆無でしたが、中国本土からの受講生もにわかに増えて来ています。

まさに、”これからの寿司 和食ブームはアジアにあり!”なのです。

日本国内 海外ともニーズはあるものの、若い人で技術の 基本が身に付いている人というリクエストに応えられる人材 というのは非常に少ないのです。

より海外に通用する授業内容にリニューアルしながら、東京すしアカデミーは進化しています。

 

 

【東京すしアカデミーとは】

2002 年に開校した、日本でも数少ない寿司の学校。
通常の修行では 5 年~7 年かかるほどの技術を短期間で教えるカリキュラムが好評で、特に海外からの研修参加希望者が急増していり、近年では寿司 シェフとして海外就職 を目指すための指導も行っている。

直営店もあり、神楽坂すしアカデミー 西新宿すしアカデミー(9月10日オープン予定)海外1号店を中国広州 誠寿司を運営。

特に今年6月5日にオープンした「神楽坂 すしアカデミー」は、食べ放題の寿司店として、数多くのテレビで 紹介されている。

 

 

【東京すしアカデミー校長 福江誠プロフィール】

東京すしアカデミー(株)代表取締役、東京すしアカデミー校長、JSIA 寿司インストラクター協会理事長
著書:『日本人が知らない世界のすし』日本経済新聞出版社
1967 年、富山県小矢部市に生まれる。
金沢大学卒業後、(株)TKC に勤務。 5年間の勤務コンサルタントを経て、2000 年個人事務所を設立。
東京の超繁盛店「梅ヶ丘寿司の美登利」「神田江戸っ子寿司」をはじめ、数々のチェーン寿司店、個人店の経営指導にあたる。

2002年、東京・巣鴨 に日本初となる社会人向け寿司スクール「東京すしアカデミー」を設立し、2010年、校長に就任。
1,600 名超の卒業生を輩出し、その多くが海外で活躍している。

 

 

【今後の展開】

東京すしアカデミーでは、海外就職サイト 寿司ジョブを運営しており、海外の求人企業とも つながっています。
海外が求める人材、そして海外の情報を東京すしアカデミーは毎月開催している海外就職セミナーで紹介しています。

現在求められている海外求人の多くが、20 代(35 歳くらいまで可)、コミュニケーションスキルのある、調理経験2~3年の職人。
寿司 刺身の技術があること。

東京すしアカデミーでは、海外のニーズに近い人材を育てようと、2010年より最短で海外 就職を支援するスシシェフコース(1年コース)をスタート。
海外で即戦力となる人材を育てています。

神楽坂すしアカデミー  西新宿すしアカデミー(9月10日オープン予定)海外1号店を中国広州 誠寿司を運営。
学校がプロデュースする直営店での研修生受け入れも積極的に行っています。
今後は、海外に近い環境で寿司 和食の技術伝承 のための技術指導と人材育成を行うため、シンガポール校を開校予定。

当社ではマスコミの方のご取材を随時お受けしております。
店舗  受講生 卒業生への取材協力や、海外の「すし」市場の詳細・動向など、より詳しい情報、資料をご提供させていただきますので是非一度お問い合わせ下さい。