卒業生の声 佐藤秀和さん(ドイツ・ニュルンベルク)  寿司シェフコース

 

■前回、在校生の時にインタビューに答えていただいた佐藤秀和さんの卒業後の活躍についてお話しを伺いました。

 

— いま、どちらに住んでいますか? —

 

ドイツの南部にあります、ニュルンベルクという都市の 『ヒロ坂尾』という店で働いています。

 

 

— 今の1日の流れを教えていただけますか。—

 

出勤がだいたい午前10時くらいです。

昼間は、営業はしていますが自分はその時間は裏の仕込みの方を担当しています。
野菜、キュウリやアボガド、大根、ツマなどの材料を仕込みます。

あとは週に3回、魚が届きます。
現在、店で扱っているのは5kgクラスの大きなサーモン(生)とヒラメとタイとスズキです。

特にサーモンは1回に20匹ぐらい、非常に大きい発泡スチロールで来るので、そのウロコを取るところから始まり、 捌いて、寿司にしたり加工したりの作業をします。

このような流れで昼間は基本的に仕込み関係の仕事をし、休憩を挟んで夜営業の時間になると、自分も実際に寿司バーに立ちます。

カウンターに立つと、そこではお客さんと目線が同じなので最初はすごく緊張しました。

けれど逆に目線が同じなので、お客さんも一生懸命に見て下さったりフランクに話しかけて下さいます。

自分は英語もドイツ語もまだまだ上達してないので、あまり流暢な会話はできませんが、「これは何ですか?」と言われて、 『これはガリで、ジンジャーをスライスして……』など、そういった簡単な説明などの話をします。

非常に忙しいですが、握ったり、巻いたり、切ったりなど、いわゆる一連の「カウンターの仕事」を楽しみながらやらせていただいています。

そして、そのまま夜の仕事を終了して、賄いを食べて、挨拶して帰宅といった感じです。

 

 

— 大変ですが充実した生活を送られているということですね。—

 

そうですね。とても充実していると思います。

 

 

— 日本の職場と違うところは?—

 

仕事を楽しくやらせてもらっています。
自分にとってはそこが日本と違うところじゃないでしょうか。

仕事がすごく忙しい中でも、何かしら楽しいことを見つけやすいというか…
日本にありそうなギスギスしたものがないですね。

注文に追われたりとか、ものすごく伝票がたまったとか、もうどうしようもないって事もあるのですが、 それでも仕事は仕事としてこなして、メリハリのついた毎日が楽しく思えます。

流暢に話せなくともスタッフ同士のちょっとしたユーモアある会話ですとか、 忙しい中でも、笑いがあり、非常に楽しく仕事をさせてもらっています。

 

 

— お寿司の道に進んで本当に良かったと思うことはありますか?—

 

ふとした時にこう、寿司バーに立っている自分をかえりみて、「1年前に思っていた理想の姿だ」って思いました。

東京すしアカデミーに入学するって決めた時、あるいは入学して練習している時に、自分の理想像通りになったと 思いました。

その理想像というのは、 海外の、外国人の方がいっぱいいらっしゃるお寿司屋さんで、すごい賑やかな感じで、お店の中もオーナーの方の趣味で、 お花がキレイに飾ってあったりしてすごいキレイなんです。

そういった雰囲気の中で、自分が実際に寿司バーに立って、握って、切ってる。
…という風にやっているのを、

「これって……自分が前に夢見てた、姿だなあ」
「こういう風になったんだなあ」

そう思った時は、すごく嬉しかったです。

 

 

— 佐藤さんの今後の夢を聞かせてください。—

 

この東京すしアカデミーにいた頃からの目標なのですが、自分はもともと音楽が好きで、バンドをやっていた事もありますから、 ドイツにライブハウス、ライブスペースのあるレストランを作りたいです。

やっぱり自分の店を持ちたいというのは、こういう仕事をしていたら絶対に皆さん考えることだと思います。

その中で、自分ならではの…と言うか、自分は音楽をやってきたし、ドイツにも少なからず、そういう仲間はいますから。

そういった人たちが交流できる場を作れるように、将来へ向けて頑張っていきたいと思ってます。

 

 

— 最後に、後輩の皆さんにメッセージをお願いします。—

 

卒業証書っていう、紙切れ1枚なのですが、日本の寿司の学校の卒業証書という物の「海外での威力」はとてもすごいです。
本当に、それ1枚あるだけで人生の道が開けます。

自分からはそれだけですが、とても重要な事だと思います。

 

 

— これからも夢に向けてがんばってください。
また次回の帰国時には学校に遊びに来て、またメッセージをお願いします。—

 

さらにステップアップした自分の姿を見せられるようにがんばります。

 

 

— 今日は空港から直行で来ていただいて、ありがとうございました。—

 

はい、30時間ぐらい起きてます(笑)

 

 

→佐藤さんの在学中のインタビューはコチラ

 

 

卒業生の声 青木健介さん(カナダ・バンクーバー)  寿司シェフコース

 

■青木健介さんの卒業後の活躍についてお話しを伺いました。

 

— いま、どちらで勤務していますか? —

 

カナダ バンクーバーの寿司店に勤務しています。

 

 

— バンクーバーの寿司店勤務はどのような現状ですか?—

 

厳しい話になって申し訳ないですが、自分が考えていたほど甘くないです。

正直、現地の人はもっとレベルが低いと思ってましたが、中国人や韓国人などは特にレベルが高いです。

レベルというのは、キレイさよりもとにかくスピードが早くて、自分がマグロ一貫握る頃にはすでに三貫握られていたりします。

その変わり仕上がりは汚いですけど・・。

とにかく生産率は彼らの方が非常に高いです。

そのスピードには勝てないと思っていた方が良いです。

では、何で勝てば良いのかというのは各々が自分の持つべき武器を考える必要が出てきます。

海外での寿司店勤務は、日本人であることがステータスになる場合が多いがバンクーバーではあまりステータスにならないと思います。

 

 

— 海外就職先としてカナダを選んだ理由は?—

 

元々カナダにワーキングホリデーで行く予定でしたが、寿司JOB(寿司職人専用求人サイト)で寿司店を紹介してもらい 3か月間行きました。

そういったタイミング的な流れです。

 

 

— 永住権は取りやすいですか?—

 

永住権は取りやすいです。なのですごくいい街ですし、治安もとても良いです。

僕も永住権を取ろうとおもっていますので、永住権を取ろうと思っている方は一度訪れてみては。

 

 

— 気候や住みやすさはどうですか?—

 

快適で気持ちいいです。北ですが寒すぎではないです。

カナダに住んでみると、アメリカには戻れないですね。

 

 

— 包丁などの道具は日本で買っておく方がいい?—

 

はい、日本で使っていたものを持って行った方が良いです。現地では日本の1.5倍と非常に高値ですので。

 

 

— 和包丁を使っていますか?—

 

もちろんそうです。現地のシェフは牛刀多いですが、やはり道具は使いなれた物が良いですね。

どちらにしても買うのは日本で買った方が良いと思います。

 

 

— 仕事におけるロールと握りの比率は?—

 

7:3です。7がロールで3が握りでロールが多いです。

 

 

— やはりロールが巻けないと仕事にならないですか?—

 

握りは、すしアカデミーで学ぶ以上のレベルは求められないです。

(学校ではきれいに・・出せるレベルにはなってるはずなので)

なので、握りはこれ以上プラスアルファで練習する必要はないとは思います。

もちろんスピードは必要かとは思いますが、カタチとかはそんなに厳しくないですね。

ロールは、しっかり出来ていないと現地では仕事にならないです。

たくさんの注文がくるので、パニックになるほどです。

なので、そういう意味では自習でも何でもロールはとにかく頑張ってほしいです。

 

 

— 細巻の中身はどのようなものですか?—

 

鉄火やサーモンなど日本とほぼ一緒です。

裏巻きより、細巻をしっかり練習しておいた方がよいですね。

細巻は、入った初日にパンクばっかりだと、現地の人にダメな烙印を押されてしまうので

しっかりとした方が良いです。

バンクーバーの場合は、基本的に日本で求められるレベルとあまり変わりはありません。

しかし、細巻はごまかしなどは通用しないので、集中してやっておいた方が良いです。

 

 

— バンクーバーを目指す後輩にここだけの話しがあれば教えて下さい。—

 

今細巻がかなり沢山注文が入るので、特にしっかりしておいた方が良いです。

 

 

卒業生の声 石井裕子さん(スイス) 旧ディプロマコース

 

■石井裕子さんの卒業後の活躍についてお話しを伺いました。

 

— 今何をされていますか? —

 

2009年 ディプロマコースを修了し、その後スイスに行き、子育てをしながらケータリングの仕事をしています。

 

 

— スイスでお寿司屋さんをしているのですか?—

 

今は店舗では働いていません。

ケータリングの会社にお寿司の注文が入った時に寿司シェフとしてお寿司を作りに行っています。

その他にも、知り合いに頼まれて自宅でお寿司を作ったりしています。

 

 

— お寿司の技術を身につけた理由は?—

 

スイスへ行くことが決まり、スイスでケータリングの仕事をするには、
お寿司の需要が一番あるのではないかと考え、お寿司を 勉強しようと思いました。

 

 

— お寿司の技術は役に立っていますか?—

 

とても重宝されていて、特に私が住んでいるところはあまり大きな街ではないので
日本人の寿司職人が全くいない場所です。

それでも人口3万人くらいの街にも寿司店は3~4店舗あり、
その店舗のオーナーは中国人または、お寿司好きなスイス人 が経営しています。

その中で、日本人がお寿司を握っているというのは貴重らしく、重宝してもらっています。

 

 

— お寿司のお仕事の1日の流れは?—

 

【お寿司のお弁当の注文の場合(1度に約20人前~50人前)】

 

1.前日のお昼までに注文数を確定し、材料の計算と買い出し

2.買い出しの後は仕込みを行います。(卵焼きを焼いたり、材料の下処理など)

3.当日は、朝の3時4時に起きてご飯を炊くところから午前11時頃にはお寿司を作り終える。

4.12時までには配達する。

このような1日を送っています。

 

 

— 海外で暮らすうえで大事な事は?—

 

1番は現地の人とのコミュニケーションだと思います。
私もまだまだフランス語ができないのですが、
それでも引き込まらずにいろいろな人とコミュニケーションをとり、
学校で学んだ技術に自信を持って自分がお寿司を作れるトいうことを積極的に伝えてアピールします。

 

そして、作ってほしいと言われた時は、断らずに積極的に作って行けば、
どんどん自分の活動範囲が広がると 思います。

 

 

— 石井さんから女性の皆さんにメッセージをお願いします。—

 

自分の技術に自信を持って、積極的に明るく楽しく前向きにやりたいことに邁進してください。

 

 

在校生の声  佐藤秀和さん 寿司シェフコース

http://www.youtube.com/watch?v=cEP7NrH9IFE&feature=player_embedded

 

■在校生の佐藤秀和さんの現在の学校での様子についてお話しを伺いました。

 

— 東京すしアカデミーの学校生活には慣れましたか? —

 

だいぶ、学校には慣れました。

当初の固かった時期と比べて他の生徒の方と打ち解ける事ができ非常にリラックスした状態で授業に臨んでいます。

 

 

— 寿司シェフコースへの入学前に不安だったことは?—

 

やはり不安はありました。

自分の年齢が31才なので、この年齢で異業種の新しい事を始めて果たして本当にうまくいくのだろうかという不安は非常にありました。

 

 

—そのような不安の中、入学へ至った決意についてお聞かせ下さい。—

 

前職が屋根工事の仕事をしていまして、その仕事をすべて辞め仕事で使っていた車や道具類をすべて処分しました。

これによって自分の逃げ道を経ちました。

やはり、逃げ道があると自分が新しいところで困難に直面した時に逃げてしまうかもしれない。

そういった心の弱さを作ってしまうかもしれない。

それは自分にとってまずいと思い、新しい環境に飛び込むのであれば今までの過去の自分はすべて捨てて一本に絞って寿司シェフの道を目指さなければ
という強い意志のもと入学を決意するに至りました。

 

 

— やはり海外で活躍したいですか?—

 

そうですね、自分は昔から海外にあこがれていたので、海外での寿司シェフとしての道を頑張って行くことが明確になっているので
海外志向で頑張っているところです。

 

 

—具体的にどこの国へ行きたいですか?—

 

希望としてはヨーロッパです。

子供の頃からの憧れがあり、自分が以前バックパッカー旅行に行った時に見たヨーロッパの美しい街並みが非常に印象的で、
この国に自分が身をおいてお客様にサービスできたらどんなに素晴らしいだろうという思いがあったので、ヨーロッパに寿司シェフとして
行きたい!という強い気持ちがあります。

また、入学してからになりますがすしアカデミーの同級生からワーキングホリデーなどで海外へ行った時の話しを聞くと、
オーストラリア、オセアニア、ニュージンランドなどは非常に環境が良く、自分のしたいことができるなどの環境が整っているという話しを聞いて
こちらの国に行きたいという希望も湧いています。

 

 

— 入学をご検討中の皆様へメッセージをお願いします。—

 

真面目に取り組んで、情熱を持つこと。

自分を何がやりたいかを持ち続けることが一番大切です。

自分は海外に就職したいという夢をずっと持っており、その漠然とした思いを抱いたまま以前の仕事を
していたのですが、きっかけを色々踏まえたとしても30歳を超えてから新しい事に挑戦するというのはやはり

生半可なものではないですし、それを維持し続け自分が何をやりたいかという真意を持ち続ける事を自分にも言い聞かせています。

今迷っている方がたくさんいらっしゃると思いますが、なりたい自分になるために何が必要なのかということを
考えていけば、自然と将来の夢が開かれると思います。

自分もまだひよっこで、包丁さばきもままならないのですが自分のやりたい事にまっすぐにやりきる事が成功につながる道だと確信しています。

 

 

→佐藤さんの卒業後のインタビューはコチラ

 

 

在校生の声 村上草太さん 寿司シェフコース

http://www.youtube.com/watch?v=W-hgsAxaZGw&feature=player_embedded

 

■在校生の村上草太さんの現在の学校での様子についてお話しを伺いました。

 

— 東京すしアカデミーを知ったきっかけを教えて下さい。 —

 

最初知ったのは、インターネットで検索してからです。
「東京 寿司 学校」のキーワードで探しました。

 

 

— 最初から現場ではなく学校を探していたのですか?—

 

最初から自分のイメージの中で寿司技術を店などの技術は教えてもらうのは時間もかかり難しいというのがあり、
すしアカデミーのコースを見るとひととおり教えてもらえると書いていたので、
数か月で短期で習得するためにはすしアカデミーしかないと思い入学しました。

 

 

— 卒業後の目標について教えて下さい。—

 

ワーキングホリデーでオーストラリアに行った事があり、永住ビザを取るのが目標なのですが
若いうちに海外に行っておいた方が可能性は沢山あるので、短い期間で技術を習得しておきたかったです。

 

 

— 海外で寿司シェフになろうと思ったきっかけは?—

 

オーストラリアに行っていた時に、寿司店で働いていた時に職人ではなく皿洗いしかしていなかったのですが、
寿司の技術で永住権を持って働いている先輩方を見て、自分も手に職をつけて更に海外で働けたらいいなと思ったからです。

オーストラリアが自然が多くて好きだったので、ぜひ住みたいという気持ちが大きいです。

 

 

— 学校生活には慣れましたか?—

 

アルバイトしながらしているので、大変な事はありますけどだいぶ慣れました。

 

 

— アルバイトは寿司屋さんですか?もう握っているのですか?—

 

はい、寿司屋さんでバイトしています。握ってはいませんがロールをメインで巻いています。

 

 

— 自分で巻いたロールがもうお店で提供されているということですが、
自分の寿司がお客様に提供される事についてどのような気分になりますか?—

 

やはり、責任感が出ます。

 

 

— 学校の授業の厳しいところや、優しいところなどを教えてください。—

 

優しくもあり厳しくもありという感じで、適度なバランスで良いと思います。

厳しいところというと、間違えた時に先生に指摘されるところなどですかね。

しかし現場と比べると学校は優しいと思います。

現場はやはりお金をもらって提供しているので、現場の方がスピードが速いので学校ではじっくりと線を引きながら学ぶことができるのでメリハリがついていて良いと思います。

 

 

— これから入学する方にメッセージをお願いします。—

 

自分もまだまだこれからの立場なので偉そうな事は言えませんが、自分を見失わない事が一番だと思います。

入学した当時の目標や動機を忘れずに失わないでいれば夢は叶うと思います。