ディプロマコース119期 カウンター研修

日本人と外国人が一緒に学ぶ、今期のディプロマコース

 

早くも4週間が経ちました。

 

11月21日は、接客しながら握りを提供する

 

トレーニング「カウンター研修」でした。

 

Students can study basic skills of Sushi in

 

8 weeks Authentic Sushi Course

 

This class is opened for both Japanese and foreign students.

 

4 weeks already passed since this class started.

 

They had “C0unter practice Class” which to train

 

service skill to make Sushi talking with customers in Sushi counter.

 

東京すしアカデミー ディプロマコース カウンター研修

 

東京すしアカデミー 寿司職人 カウンター研修

 

日本人、外国人が一緒に学ぶクラス。

 

ポルトガルから寿司を学びに来たエドアルドさん。

 

寿司をにぎるのは今回が初めての経験ですが

 

やってみたらこんな楽しいことはない!と思ったそうです。

 

彼が握るお寿司はとてもキレイです。

 

Mr.Dias Eduardo, came from Portgal.

 

He has never tried Sushi but he found Sushi is one the most

 

interesting thing he ever tried.

 

His Sushi is beautiful, probably because

 

he has “sense of beauty”.

 

 

東京すしアカデミー 寿司職人 カウンター研修

 

カナダへの留学経験がある千葉さん。

 

カナダに戻って働くために寿司職人を目指しています。

 

現在レストランのアシスタントマネージャーをしつつ

 

バーテンダーもこなしているということ。

 

さすが、笑顔の接客と盛り付けの細やかなセンスもピカイチでした!

 

 

Mr.Chiba, who has experience that

 

study abroad to Canada.

 

He is studying Sushi to go back Canada and find job

 

as Sushi-chef there.

 

Now he is working as assistant manager of  a restaurant in famous hotel.

 

He also works as bartender.

 

We realized that is why he can serve with great smile and has

 

beautiful sense of Sushi arrangement.

 

 

東京すしアカデミー 寿司職人 カウンター研修

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京すしアカデミー 寿司職人 カウンター研修

 

 

とびっこやキュウリを使ったアクセントが素敵!

 

寿司の演出はこうしたさりげないポイントに出てきます。

 

 

The accent using beautiful color of red fish egg

 

and cucumber.

 

Sushi shows delicious looking  by 

 

such an elegant presentation.

 


東京すしアカデミー 寿司職人 カウンター研修

 

こちらはBriout Nordineさん。

 

モナコでヨットのシェフをしています。

 

様々な国の料理を経験していますが、寿司を学ぶのは初めて。

 

日本で料理を学んで最も驚いた事は

 

「日本人は食材を捨てない」ということ。

 

例えば貝ひもなどはヨーロッパの人は料理には使わないのだそうです。

 

しかしBriout さんはこうした食材を無駄にしない

 

和食の有り方を素晴らしいものだと感じています。

 

「ヨーロッパでは受け入れられないのでは?」という質問に対し

 

「私は日本の寿司文化の細部までを現地の人々に伝えます。

 

なぜ、これまで捨てていた部分を使うのか。

 

それらがどれだけ文化的に、健康面でも優れたことであるのかを啓蒙したい」

 

そう語ってくれました。

 


Mr.Briout Nordine, who works as yacht chef in Monaco.

 

Though he experienced many kinds of cuisine as a chef, this is first time

 

for him to try Sushi.

 

The thing  he was most impressed is

 

“Japanese chef never waist food”.

 

For example, scallop mantle which is often used as ingredient of Sushi

 

is rarely used by European chefs.

 

However, Mr.Briout Nordine feels it is very respectable culture

 

of Japanese cuisine.

 

Responding interviewer’s question that

 

Will Europeans accept the culture that use ingredients that they hates?”,

 

he answered, “I definitely will tell this Japanese culture in detail. I will enlighten them

 

explaining why Japanese people use them and how good effects they have for health .”

 

 


 

東京すしアカデミー 寿司職人 カウンター研修

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒ととても仲の良い東講師(写真右)。

 

気さくな先生に、生徒たちは冗談を言いながら何でも気軽に質問しています。

 

Teacher Azuma is very friendly with students.

 

(right in picture)

 

Everyone can ask any questions to him, sometime with joke.

 

日本、海外、経験者、未経験者などいろんなバックグラウンドの方が集まる

 

ディプロマコース。ここで学ぶことは寿司の技術だけではないようです。

 

Many students who have various backgrounds 

 

gathers in Authentic Sushi  Course.

 

Students learn not only Sushi skill but also deep part of Japanese culture.

 

 

 

 

 

【コース開講情報】

 

寿司シェフコース2015年4月生

 

入学選考試験スタート!

 

2014年12月13日(土)11:00~17:30

2015年1月18日(日) 11:00~16:00

 

入学選考試験を受け、合格通知を受理した方は

 

2015年4月学期の寿司シェフコースへ入学が可能となります。

 

 

 

まずは学校の雰囲気を知りたい!

 

進路相談をしたい!という方は

 

体験入学にお越しください。

 

2014年11月22日(土) 14:00~17:30

 ※学校説明会のみ参加の場合は 16:00~17:30

2014年12月6日(土) 14:00~17:30

 ※学校説明会のみ参加の場合は 16:00~17:30

2015年1月10日(土) 14:00~16:00

 

 

2週間、短期集中で寿司を学ぶ!

 

ディプロマコースの詳細はこちら

 

See more detail about Sushi Diploma course

 

 


※定員制のため、ご希望の方はお早めにお問い合わせ下さい。

 Please contact us as soon as possible before reaching maximum enrollment.