アメリカで活躍中の日本人女性!Suzuki’s Sushi Barオーナー
Keiko Suzuki Steinbergerさんにインタビュー<前編>

海外在住の方も多く受講する東京すしアカデミーの『江戸前寿司集中特訓コース』、今日は同コース卒業後、アメリカ・メイン州で著名人も訪れるという高評価店『Suzuki’s Sushi Bar』の オーナーとして活躍中のKeiko Suzuki Steinbergerさんにお話しを伺いました!

ご主人と共にSuzuki’s Sushi Barを切り盛りをするKeikoさん、子育ては家族と分担してやりくりをしているパワフル母さんでもあります!

アメリカで活躍中の日本人女性Sushi Barオーナーに直撃インタビュー<前編>!

TSA: Keikoさんはどのような経緯で寿司シェフを目指されたのでしょうか?

Keikoさん: 最初は日本食レストランで働くために渡米しました。そこで得た様々な経験を踏まえ、最も自分を活かせる道として寿司シェフを目指しました。

TSA: 東京寿司アカデミーの短期集中コースに入学された理由はなんでしょう?

Keikoさん: 寿司職人として成功するには、本格的な江戸前寿司に関するスキルや知識を身につけなければならないことに気づいたからです。また短期間に寿司職人としてのエッセンスを学べるカリキュラムが魅力的でした。

TSA: 東京すしアカデミーに入学する前に飲食のご経験はありましたか?

Keikoさん: 飲食経験は少しありましたが・・・正直、料理は好きではなかったですし、食材等の知識もあまりなかったです。今のお店をスタートする時はまだまだ経験不足だったので、罪悪感と不安でいっぱいでした。

TSA: アメリカに滞在することになった経緯をお聞かせください。またKeikoさんにとってアメリカはどんな国ですか?

Keikoさん: 最初はアメリカ在住の親戚を起点としました。アメリカは国土が広いので州によっても国民性がだいぶ違いますが、私の住んでいるメイン州ロックランドは治安も良く、コミュニテイーの人々が協力し合いながら生活しているとても住みやすい所です。

TSA: KeikoさんにとってアメリカでSushi Barを経営をするメリットとデメリットはなんでしょうか?

Keikoさん: メリットは自分の感性で自由にクリエイテイブな寿司を創作できること、リラックスした雰囲気の中で自分のペースを保って仕事ができること、そして休暇がとりやすい所でしょうか(笑)。デメリットは日本より魚の種類が少ないことと、日本の食材が限られていることですね。

TSA: Keikoさんの現在の「やりがい」はなんでしょうか?

Keikoさん: 自分が信じたやってきたことをお客様から感謝されること、そして、地産地消を念頭に有機野菜やこの土地で獲れる魚介類を用いて美味しくて新鮮な料理をお客様にご提供することができることです!

TSA: アメリカでの生活や仕事で苦労されたことは何でしょう?

Keikoさん: 最初の2~3年は英語があまりしゃべれなかったので、とても苦労しましたね。また、アメリカ文化に馴染むことも最初のうちはストレスでしたが、今は慣れた(?)のでそれはないですね(笑)

TSA: Keikoさんの今後の目標をお聞かせください!

Keikoさん: まずは私がいなくてもお店を回すことができるようにすることです。そして、もっと改善できることがあるので、より新鮮でより美味しいものをお客様にご提供すること。さらに、経営を通じて人間としてより成長することですね!

TSA: 海外で働くことに興味のある人にKeikoさんからのアドバイスをお願いします!

Keikoさん: 苦しい場面でも諦めずに、マラソンランナーのように細く長く、言語習得でも寿司スキル習得でも、止まることなく走り続けていく努力をしましょう。止まらない限りは必ず結果がついてきます!

編集後記

母として家庭を切り盛りしながらも、地元(メイン州ロックランド)でも大変高評価を受けているSushi Barのオーナーとして活躍されているKeikoさん。その視線の先には寿司職人として、そして、経営者としてさらなる大きな目標を見据えている。来週は、Suzuki’s Sushi Barのメニューや販売促進施策につき具体的にお聞きした内容をお届けします。お楽しみに!

☆無料個別相談会受付中!

国内外の就職状況、ビザなど具体的な相談、講師に直接質問できる授業見学、握り寿司体験のすべてを2時間に凝縮!

※個別相談会参加者限定の学費サポートやキャンペーンあり!

※遠方の方はお電話での相談も承ります。

東京すしアカデミー15年の成果・卒業生成功談ビザ取得情報をまとめた冊子を差し上げます!