寿司シェフコース14期生が寿司職人への第一歩を踏み出しました! 

4ヵ月間、寿司職人として現場でのインターンシップを経験し、すっかり逞しくなった寿司シェフコース14期生のみなさんが本日卒業式を迎えました! ここが寿司職人としての本当のスタート。それぞれが、大きな夢と志を持って旅立っていきました。次項インタビュー記事もご参照ください。


寿司職人インターンシップコース <4ヵ月のレッスン+4ヵ月の現場体験>

2018年1月クラス(1月8日開講予定)・2018年4月クラス(4月末開講予定)募集中(定員あり、お早目にお申込ください)


無料握り体験(9月枠) 予約受付中

・9/9(土)満席  ・9/14(木)満席  ・9/26(火)残席あり

■卒業生インタビュー:左から小西さん・菊池さん・岩崎さんに、東京すしアカデミーで役にたったこと、コースを検討している方へのおススメ、そして進路についてお聞きしました。


■小西さん:接客、お寿司の提供方法、インターン研修はこのコースでなければ得られない貴重な体験でした。今後は鮨匠系列の「すし岩澤」 にて修行し、その後は実家・旭川の「小西鮨」を継ぐ兄の2番手になります。旭川へお越しの折にはぜひお立ち寄りください!


■菊地さん:同じ目標を持った仲間に出会えたことが財産です。先生方の教え方はとても素晴らしく、インターン現場に出たときその真価を感じました。今後は鮨匠系列の「匠鮨おわな」にて修行し、いつかは海外で独立したいと考えています。


■岩崎さん:先生方の知識が豊富でどんな質問にも丁寧に答えてもらえ、モチベーションを高く維持できました。今後は、ポルトガルの首都リスボンにある「Taska Kome 」にて就業することが決まっています。

Click here to add your own text