卒業生 小森美穂さん インタビュー

東京すしアカデミー卒業生の多くがヨーロッパで活躍しています。

特に食材が豊富な海沿いのヨーロッパ諸国では

寿司シェフやプライベートシェフ、ケータリングなど様々な形で

寿司ビジネスに携わる方が増えています。

今回はポルトガルで寿司職人として活躍する卒業生の小森さんにお話を伺いました。

小森美穂さんプロフィール

職種:寿司ヘッドシェフ

勤務地:ポルトガル

経歴:1年間の語学留学のつもりで滞在していたポルトガルで

寿司職人になることを決意し、東京すしアカデミーに1か月間入学。

その後リスボンの日本食レストラン2店で勤務した後にケータリングをメインに

スペイン・イビサ島でのプライベートシェフなどフリーランスの寿司職人として活躍。

約4年間寿司レストランを経営した経験もあり、

現在3年を目途に母校の東京すしアカデミーで講師を勤める。

ポルトガルに渡航したきっかけは?

10代の後半からイギリスに2年半住んでいた経験があり、

英語にもイギリス文化にも馴染みがあったので、

ヨーロッパの英語圏じゃないところと元々決めていました。

その中でもポルトガルを選んだのは、気候の良さ、

食べ物の美味しさ、物価の安さ、治安の良さです。

あとは、他にポルトガルに行った人からとても良かったという話を

聞いたこともあってポルトガルへ行くことを決めました。

きっかけは29歳の時に語学留学で渡ったポルトガルで、

お寿司の人気が高まっていることを肌で感じたことです。

それまで飲食業に携わった経験はなかったものの、

「これはお寿司が出来れば仕事になるな」と思い、

ポルトガルに行って4か月後くらいにネットで東京すしアカデミーを見つけ、

2004年の2月に日本にお寿司の修行をしに一時帰国することに決めました。